水やミネラルウォーター、天然水に含まれるカルシウム

カルシウムとは

4大ミネラルの一つのカルシウムは人体内に含まれるミネラルで、体重の約1.5~2%を占めると言われています。成人男性で約1kgを体内に保持しており、その99%は骨や歯に、残りの1%は血液や体液中に蓄えられています。

カルシウムはマグネシウムと共に水の硬度を算出するために使われるミネラル成分です。

ミネラルウォーターや天然水に含まれているカルシウムの効果や効能

カルシウムは歯や骨を丈夫にすることは知られていますが、その他にも人体の心身にさまざまな効果効能を発揮します。

カルシウムの効果 骨や歯をつくる細胞の形成に欠かせないもので、筋収縮、精神の安定作用、脳や神経への情報伝達をスムーズにする、止血作用。
カルシウムを多く含む食品 チーズなどの乳製品、干しエビや煮干しなどの乾物、大豆や大豆製品など
カルシウム不足 カルシウムが不足すると骨粗鬆症や高血圧、動脈硬化、精神的不安定(イライラする、無気力になる、興奮しやすくなる)などの悪影響を及ぼします。
過剰摂取 過剰摂取は尿路結石や便秘を引き起こす場合があります。
  • 効果、効能、また過剰摂取量や副作用については個人差や異なる見解もあります。

過剰摂取は良くありませんが、例えば一般的な牛乳パックを1日2パック(2L)飲んでも、カルシウム摂取量は約2000mgで、1日の上限と言われている2300mgには達しませんし、カルシウムは日々体外へ排出されているミネラルでもあるので積極的に摂取していくことをおすすめします。

普段からカルシウムを含んでいる食事や飲料水を意識して摂取することでカルシウム不足は補えます。

ウォーターサーバー比較表

厳選したウォーターサーバーについて、水の種類や特長だけでなく、こだわり条件(女性にやさしい、赤ちゃんでも安全、放射能検査済みなど)から絞り込んで比較ができるウォーターサーバー比較表をご用意しています。利用環境やニーズに合ったウォーターサーバー選びにお役立てください。

ウォーターサーバー比較表