ウォーターサーバーの人気の理由とおすすめポイント

ご自宅やオフィス、店舗にウォーターサーバーを取り入れたいけどどのサービスを選べばいいの?サーバーはレンタルの方がお得?それとも購入?このページではウォーターサーバー(選べる宅配水)の人気の理由とおすすめポイントや導入にあたりかかるコストについてご案内しています。

ウォーターサーバーとは

海の中から晴れた空を見上げた画像・澄んだ水のイメージ

ウォーターサーバー、宅配水とは、ご家庭やオフィスなどに各地のおいしい天然水などを配達してくれるサービスです。宅配された専用のボトルはサーバーにセットするだけで、冷水や温水を24時間利用することができます。オフィスや飲食店などの業務用として利用されていることが多かったウォーターサーバーですが、経済的で便利、衛生的にも安心という点から一般家庭にも広まっています。一般家庭での利用は、ウォーターサーバーレンタル会社や水の宅配会社とサーバーのレンタル設置契約をする必要があります。

需要が増えるに従って、より多様なニーズを満たすようなサービスが増えています。気楽に続けられて満足度も高い、つまりあなたに一番合ったウォーターサーバーを選ぶためのポイントをご案内しています。ぜひご活用ください。

人気がある理由

以前は贅沢品という存在だったウォーターサーバーですが、今では実用性のある製品として多くの一般家庭で利用されるようになっています。

「お水を買いに行く面倒さから解放される」

注文に応じて新鮮な水が入ったボトルを自宅に配達してくるので、水を買いに行く必要がなくなります。指定した周期で配達してくれる定期購入などがあるので、毎回注文する手間もかかりません。

「熱湯と冷水の両方が手軽に利用できる」

ボトルをウォーターサーバーにセットすると、サーバーの中の貯水タンクに一定の量の水が流れ込み供給されるしくみになっていますが、ほとんどのサーバー機能に温水・冷水機能が搭載されています。サーバーによって多少の設定温度の違いがあるものの温水は約80~90度、冷水は約5度ぐらいで設定されています。いつでも冷たいお水を飲めますし、コーヒーやカップラーメンを作る際には、わざわざお湯を沸かさずそのまま給水することができます。

「美味しいお水を低価格で飲める」

市販されているミネラルウォーターを購入するよりも安いといった点も注目です。配達される水の価格は、各メーカー(水の種類ごと)異なりますが500mlあたりに換算すると50円台から80円台がほとんどです。冷水・温水を使えるという利便性や買いに行かなくてもいいといった手間を考慮すると低価格と言えます。また、ウォーターサーバーの水は、厳選された水源地から採水していて、程よいミネラルを含んだ美味しい水を飲むことができます。

「安全性が保証された水が確保できる」

ボトリングされているウォーターサーバーの水は、各メーカー厳しい検査基準をクリアし徹底した衛生管理がされているため、有害物質や雑菌などの混入を心配することなく安心安全な美味しい水を飲むことができます。

「災害時に備えて水を常備できる」

万が一の災害に備えて備蓄水対策としても発揮します。災害が発生してしまうと水を確保することは困難になります。家庭で定期的に防災用のお水を買って確保するのは大変です。水道水が使えなくなっても新鮮なお水を安心して使用できるように、ウォーターサーバーがあることで自然と心強い防災対策になります。

ウォーターサーバーの機能

ウォーターサーバーの機能は、細かいところでの機能に差がありますがどこのメーカーでも標準搭載されている機能にほとんど違いはありません。ここではウォーターサーバーの基本的な機能についてご案内します。

温水・冷水機能

ほとんどのウォーターサーバーに搭載されています。設定温度を変えられたりと多少の機能に違いがありますが、温水では約80~90度、冷水は約5度で設定されていることが多いです。

チャイルドロック

温水にチャイルドロックが付いているウォーターサーバーがほとんどです。小さいお子さんが誤って温水レバーを押してしまい事故につながってしまうことが考えられます。小さい子どもがいる家庭でも安心して使えるように標準装備されています。

無菌エアシステム

無菌エアシステムとは、主にワンウェイタイプのボトルに採用されている水のパックシステムのことです。外部からの空気の進入は、品質低下の原因になるため外気に触れないように水の鮮度を保つ構造を取っています。通常のガロンタイプのボトルでは、外部の空気がボトル内に入り込むことで水が出るしくみになっていて、外気がボトル内の水の鮮度を落とす原因となる場合があります。ワンウェイタイプのボトルは、水が外気に触れないよう常に密封された状態となり、鮮度が高く品質低下の心配がなく、開封後も安心です。

ウォーターサーバーにかかるコスト

ウォーターサーバーの設置でまず気になるのが月々の費用だと思います。ウォーターサーバーの設置は節約になることもありますが、水道水の利用が多くあまりミネラルウォーターを購入しない人には出費がかさみます。ボトル代は安いけどレンタル料がかかったり、レンタル無料でもボトル代やメンテナンス代がかかったりと、各メーカーによってコストは異なります。ウォーターサーバーを選ぶ際は、総合的な費用をを考え月々にかかる費用を見極める必要があります。

月々のボトル代

お水代は必ずかかるコストです。使用状況や環境によって異なりますが、一般的に4人家族で1カ月に12ℓのボトル4本は消費されます。ボトル(12ℓ)1本1,000円程度から3,000円以上する天然水まで価格はさまざまです。

サーバーのレンタル料

ウォーターサーバーのサーバー機はレンタルして使用するメーカーがほとんどです。多くのメーカーがレンタル料を無料に設定していますが、ボトル代やメンテナンス料金などのサービスに含まれていることもあります。有料の場合、月額500~1,000円程度。

水の配送料

ほとんどが無料で配送してくれるメーカーがほとんどですが、北海道や沖縄、離島には別途送料がかかるところもあります。

サーバーのメンテナンス料金

メンテナンス料金が無料のメーカーがありますが、その場合はサーバーのレンタル料に含まれていることがあります。メンテナンスは1年~3年毎に1回、専門スタッフによるパーツを洗浄や交換・点検を行ってくれます。現在のウォーターサーバーの多くは外気がサーバー内部に入らず汚れないという仕組みになっていて、メンテナンスが不要というメーカーもあります。日々のお手入れとして蛇口や受け皿などの掃除は必要です。故障の際は有料になることも多いので事前に確認してください。

サーバーの電気代

温水と冷水が出るウォーターサーバーは、月々1,000円程度の電気代がかかります。最近では省エネモードやエコサーバーが増えてきているので、電気代を抑えることができます。

絞込検索であなたのニーズにさらに合わせたウォーターサーバーサービスの比較ができます

ウォーターサーバーの価格の比較
ウォーターサーバーを水質やミネラル成分で比較
サーバーのデザインや機種の仕様の比較
おすすめウォーターサーバー5社