太陽光発電と蓄電池
製品情報と選び方、価格相場や収支など

太陽光発電と蓄電池の価格相場と収支

設備導入を考える際に何よりも気になるのがその価格と費用対効果ではないかと思いますので、まずは価格について、最新の状況をふまえた収支シミュレーションとともにご案内し、次の項では蓄電池の選び方やそのメリットなどについてもご案内していくことにします。

太陽光発電+蓄電池のコア価格相場
350万円
(容量に応じた価格帯は250520万円)

太陽光発電
1kWあたり単価
3040万円

蓄電池
1台あたり(5~12kWh)
150250万円

価格構造について

太陽光発電と蓄電池は料金構造が少し異なるところに注意が必要です。お見積りの際は一括の金額で見るのではなく、それぞれの機器と周辺部材ごとに分けた見積もりを出してもらうと相場との比較が容易になります。

太陽光発電の場合、設置するパネルの枚数によって容量が変わります。住宅用としては1kW台から9kW台まで、購入者の予算や屋根の大きさによって適当な容量が決まりますが、全国的には4.5kW程度(パネル20枚前後)が平均的な積載容量となっています。

価格は積載容量×kW単価でだいたいの相場を把握できます。システム内容に大きく差がないことや市場が落ち着いてきたこともありメーカー間の価格差は少なくなっており、キロワット単価で30万円が相場になってきていると言えます。価格に差が出るのはむしろ施工状況で、屋根の素材や足場の使用の有無で単価は40万円程度まで上がることもあります。詳しくは太陽光発電の価格についてのページでご案内しています。

住宅用蓄電池は太陽光発電と異なり、4.4kWh~7.8kWh程度のあらかじめ決まった容量で構成されたシステムを1台単位で購入することになります。蓄電池メーカーと商品の一覧を見ていただいてもお分かりのように、各メーカーで容量はもちろん、サイクル回数や使用モード、太陽光発電との連携の方法までそれぞれの機能が多様化していますが、目安としては一台あたり160~250万円、単価にして1kWhあたり22~35万円程度が相場となっています。それぞれのメーカーと商品の価格は蓄電池の価格でもご案内しています。

見積もり例

以下では太陽光発電と蓄電池を合わせて見積もる際に目安となる価格とその明細内訳をご案内しています。

京セラの太陽光発電と蓄電池の見積もり例

太陽光発電
 -太陽電池モジュール(4.2kW) 800,000
 -パワーコンディショナ 120,000
 -付属機器 85,000
 -システム工事費用 175,000
 -電気配線工事費用 100,000
 -申請手続き費用 15,000
小計 1,295,000
蓄電池
 -蓄電池本体(7.2kWh) 1,750,000
 -設置工事費 200,000
小計 1,950,000
総計 3,245,000
消費税 259,600
(同時購入値引) -44,600
支払金額合計 ¥3,460,000

パナソニックの創蓄連系システムの見積もり例

太陽光発電
 -太陽電池モジュール(6.0kW) 1,080,000
 -付属機器 35,000
 -システム工事費用 205,000
 -電気配線工事費用 200,000
 -申請手続き費用 15,000
小計 1,535,000
蓄電池
 -蓄電池本体(5.6kWh) 1,040,000
 -ハイブリッドパワーコンディショナ 630,000
 -設置工事費 300,000
小計 1,970,000
総計 3,505,000
消費税 280,400
(同時購入値引) -225,400
支払金額合計 ¥3,560,000

フランチャイズ店を全国に多く持っている京セラと、蓄電池との連携ができるハイブリッド型のパワーコンディショナを売りにするパナソニックの例をご案内していますが、価格の相場は350万円前後で同等であるのに対してシステム構成がそれぞれ異なっています。通常の太陽光発電システムに蓄電池の見積もりを足した京セラの見積もりに対し、パナソニックは太陽光発電システムで必須のパワーコンディショナが蓄電池と併用のものになっており、この見積もり書では蓄電池の項に「ハイブリッドパワーコンディショナ」と記載されているのが少し紛らわしいところです。失敗しない見積もり方法でも太陽光発電の見積もりのポイントをご案内していますが、見積もりは必ず複数社に行い、こうした細かいポイントを指摘しながらあなたのおうちに最適なシステムを熟考すると、満足のいく契約につながります。また蓄電池との併設の場合どれだけ同時購入で値引きが交渉できるかを少し頑張ってみてもいいかもしれません。設置工事はそれぞれ20~30万円ずつかかるのが相場ですが、設置工事を合わせて同時購入の値引きも含め、40万円台にはもっていきたいところです。

  • 太陽光発電の場合は設置容量が増えると施工費が多くなる場合があります

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイト2社厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。また太陽光発電は安い買い物ではありません。お時間が許す場合は一つならずとも複数のサービスで見積もりを取り選択肢を増やせばさらに安心につながります。いずれのサービスも無料なので、納得がいくまで相見積もりをする方も非常に多くいらっしゃいます。以下の2社以外は太陽光発電の業者・一括見積サービスランキングでご確認ください。


信頼施工店を厳選して手早く見積もりたい方にお勧め

太陽光発電システム見積比較.com

太陽光一括見積サイトの運営会社のほとんどが設立10年に満たないベンチャー企業である中で「太陽光発電システム見積比較.com」を運営する創業50余年のミツイワ株式会社の存在は異色と言えます。全国展開でサービスを提供するにあたり、施工店の登録はその地まで足を運んで実際にその工務店の人間と会って提携を行うなど手間を惜しまない姿勢が、他の一括見積サイトと比べて施工店とのより強い信頼関係の構築に繋がっていると考えられます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリーンエネルギーナビグリーンエネルギーナビ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のQuoカードプレゼントキャンペーンも実施中です!

太陽光発電併用の場合の家庭用蓄電池の選び方

ここでは「系統接続型」と「コンセント型」の主に2種類に分けられる家庭用蓄電池がそれぞれどういったニーズに応えられるのかをご案内するとともに、特に太陽光発電と連携する場合の製品選びで気にしたいポイントなどをご案内します。

系統接続型の蓄電池システム

商用電源に連系しながら充放電を自動で制御するタイプの蓄電池です。一番多く想定される使い方は、ピークシフトによって電気代を減らす方法です。

各電力会社は時間帯によって単価が異なるプラン(東京電力の半日お得プランなど)を提供し、需要が減る夜間の電力はより安く、逆に昼間は高くなるような価格設定をしています。蓄電池システムで家庭の電力利用時間を夜間にシフトし、同じだけ電力を使っても支払う電気代自体は安くできるのが、ピークシフトの効果です。

太陽光発電を利用している場合はこのピークシフトに加えて自家消費を増やしながら、購入する電力量自体を減らす使い方も考えられます。売電単価が商用電力より高く設定されている間はこの使用法によるメリットは大きくありませんが、売電期間が終わった後はより自家消費を増やすことで経済的なメリットが高まります。

系統連系タイプの蓄電池は自動制御できる範囲が広く、容量も大きめのものが多いためより常用に適していると言えます。

太陽光と蓄電池を同時に制御、ハイブリッドパワコン搭載の蓄電池システム

系統接続型の中でも近年層が厚くなってきているのが太陽光発電と蓄電池を同時制御するパワーコンディショナーを中心とした蓄電池システムです。これまで太陽光発電と蓄電池それぞれに必要であったパワーコンディショナを一つにすることでコストを減らしながらシステム的にもシンプルになっています。

容量 出力
(停電時出力)
メーカー価格 パワコン容量 蓄電池入力 保証

使用回数(寿命)
パナソニック「創蓄連携システム」
5.6kW 5500W
(2000W)
205万円※1 5856W 1500Wh 10年(パワーステーションは15年)
公称値は非公開
11.2kW 336万円※1
シャープ「クラウド蓄電池システム」
4.4kWh 2000W
(1500W)※2
208万円※3
215万円※4
4200W
5500W
2000Wh 10年(定格容量4.4kWの60%を保証)
8000回(100%の充放電でも70%以上の容量を維持)
8.8kWh 356万円
エリーパワー「POWER iE6 HYBRID」
6.2kWh 5500W
(2000W)
- 6450W 1500Wh 10年(パワコンは15年)
12,000サイクル(100%のDOD:放電深度でも80%以上の容量を維持)

ハイブリッド型パワコン製造の先駆けとなったのが太陽光パネルメーカー大手のパナソニックで、「創蓄連携システム」という名で2012年3月から受注限定で生産を始めています。2015年に入ると太陽光大手シャープをはじめとし、蓄電池メーカーやパワコンメーカーからも相次いで同様の製品が発売されています。

表はSiiのリチウムイオン補助金制度の対象になっている製品で、ハイブリッド型のパワコンを使用した蓄電池システムの仕様一覧です。パナソニック、シャープは自社の太陽光発電システムとの組み合わせを前提とした製品となっています。エリーパワーは現在各社太陽光製品との連動検証を進めているということです(2015年4月現在シャープ製品との連動は確認済み)。他にもオムロンが同様の製品を発表していますが、多くのパネルメーカーに採用されているパワコンメーカーなだけあり、同社製品が補助金対象になればハイブリッドパワコンの一般化がさらに進むことも考えられます。

  • 1 旧型の同等性能の製品の参考価格
  • 2 自立運転コンセントからの受電のみ
  • 3 太陽光容量4200W
  • 4 太陽光容量5500W

コンセント接続型の蓄電池システム

コンセント接続型はその名の通り、既存の商用電源のコンセントを使用して充電し、使用する際は本体に付いているコンセントに電化製品をつなげます。稼働式のものが多く非常用として最適である一方、充放電の自動制御は系統連系型に比べて自由度が低く、常用としては不便な場面も多く想定されます。

太陽光発電から余剰売電をしている家庭に限っては系統連系の製品以上にお得な使い方ができる可能性もあります。太陽光発電で売電をしている家庭が蓄電池を購入する際に気になるのが、ダブル発電の適用による売電単価の低下です。初期の家庭用蓄電池で多かった売電量押し上げができるタイプの蓄電池は、ダブル発電の適用によって実質的な売電収入は減ってしまう可能性もありました。昨今はダブル発電にはならず、太陽光発電の売電中は放電を強制制御できる製品がほとんどですが、いずれにしても売電収入を増やす効果はありません。一方コンセント接続型の蓄電池システムの場合は分電盤を通さず独立した電力源として使用できるため、太陽光発電が稼働していても放電が可能です。

ただ使用にはコンセントの抜き差しの手間がいちいち生じる手間がかかることや、こうした蓄電池の使い方は固定価格買取制度適用の条件としては不適切と言えること、またこうしたリスクの割に得られる増収額はさほど大きくないことを考えると、おすすめの使い方とは言えません。

太陽光発電と蓄電池、一緒につけると何がいい?

家庭へのメリットは災害対策

家庭用の蓄電池と言えばもともとはキャンプ用であったり、自宅でお仕事をされる方がパソコン用にUPSを兼ねたりといった使用用途に限られていました。しかし震災をきっかけに補助金の助けも借りながら、主に災害対策用として一般家庭での普及が進んでいます。蓄電池だけの場合、系統の電力が数日も途絶えてしまうと蓄えを使い尽くしてしまう可能性が高くなりますが、太陽光発電と併用することで災害対策効果は各段に上がります。中小規模の事業者の方はBCP(事業継続計画)の一環としても注目したい機器です。

エコロジー思考の方の必須アイテム

夜間発電できない太陽光発電だけでは完全に系統電力から独立することは難しくなります。蓄電池を合わせることではじめて可能になる独立型太陽光発電(オフグリッドソーラー)は、火力発電や原子力発電に頼らないエコ生活を実現します。

太陽光発電と合わせれば電気代節約でコスト回収も可能

以下価格と収支の項でもご案内していますが、太陽光発電と組み合わせることで電気代の削減効果は高まり、投資金額の回収も現実的と言えます。また導入時、太陽光発電と蓄電池を別々で購入するよりも一緒に購入する方が施工費など削れる部分が出てくるため価格が抑えやすいのもメリットです。新築であれば配線などが行いやすいため、上述の災害対策のメリットなども重視する方にとっては購入に適した時期と言えます。

一方、売電収入と電気代削減効果で投資費用の回収が比較的容易な太陽光発電と異なり、蓄電池の金銭的なメリットは今のところコストの回収以上は期待できないというのが実際のところです。ただ電力自由化によって料金体系が多様化することで状況は変わってくるとも考えられています。

国際的に注目が高まる蓄電池

太陽光発電の導入容量が増え、出力制御などの可能性も高まったいま、政府は国全体での再エネ導入量を押し上げるためにも蓄電池活用を推進しています。地域によってはメガソーラーなどの大型太陽光発電所には蓄電池の併設が条件となる場合もあります。現状ではまだ政府主導の補助金などがあってやっと導入を考えるといった向きもある蓄電池ですが、海外では破格の製品を開発・販売開始したメーカーの存在も目立ってきており、日本でも固定価格買取制度制定の11年目となる2022年の8月以降は余剰分を売るよりも自家消費したいという動きが高まるため、市場の先導がはじまるのも時間の問題だと考えられます。

蓄電池を「いま」購入するのはメリット?デメリット?

災害対策やエコ目的であればメリットが大きいものの、費用対効果を考えるのであればプラスにはなりづらいというのが現状では最大のデメリットと言えます。ただ先述の太陽光連系型蓄電池のように、近未来の快適・安心な生活を先取りできる商品はすでに販売されています。一度検討してみてもいいかもしれません。

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイト2社厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。また太陽光発電は安い買い物ではありません。お時間が許す場合は一つならずとも複数のサービスで見積もりを取り選択肢を増やせばさらに安心につながります。いずれのサービスも無料なので、納得がいくまで相見積もりをする方も非常に多くいらっしゃいます。以下の2社以外は太陽光発電の業者・一括見積サービスランキングでご確認ください。


信頼施工店を厳選して手早く見積もりたい方にお勧め

太陽光発電システム見積比較.com

太陽光一括見積サイトの運営会社のほとんどが設立10年に満たないベンチャー企業である中で「太陽光発電システム見積比較.com」を運営する創業50余年のミツイワ株式会社の存在は異色と言えます。全国展開でサービスを提供するにあたり、施工店の登録はその地まで足を運んで実際にその工務店の人間と会って提携を行うなど手間を惜しまない姿勢が、他の一括見積サイトと比べて施工店とのより強い信頼関係の構築に繋がっていると考えられます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリーンエネルギーナビグリーンエネルギーナビ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のQuoカードプレゼントキャンペーンも実施中です!

蓄電池についてさらに詳しく知りたい

蓄電池に出される補助金についてや、蓄電池の種類や寿命、相場価格や導入後の電力利用シミュレーションなど、さらに詳しくは姉妹サイト蓄電池総合情報でご確認ください。

蓄電池も併せて見積もる

住宅用で信頼できる施工会社を探す

太陽光発電のメーカー選びで欠かせないのがいい施工店との出会い。実際に設置するとなると制約の多い住宅屋根は選べるメーカーが案外少ないなんてこともあり、限られた選択肢から最適解を見出すにはメーカーと購入者をつなぐ施工店が重要な役割を果たします。施工店選びには一括見積サービスを利用される方がほとんどですが、ここでは当サイトがおすすめする見積もりサイトとその特徴をご案内します。

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイト2社厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。また太陽光発電は安い買い物ではありません。お時間が許す場合は一つならずとも複数のサービスで見積もりを取り選択肢を増やせばさらに安心につながります。いずれのサービスも無料なので、納得がいくまで相見積もりをする方も非常に多くいらっしゃいます。以下の2社以外は太陽光発電の業者・一括見積サービスランキングでご確認ください。


信頼施工店を厳選して手早く見積もりたい方にお勧め

太陽光発電システム見積比較.com

太陽光一括見積サイトの運営会社のほとんどが設立10年に満たないベンチャー企業である中で「太陽光発電システム見積比較.com」を運営する創業50余年のミツイワ株式会社の存在は異色と言えます。全国展開でサービスを提供するにあたり、施工店の登録はその地まで足を運んで実際にその工務店の人間と会って提携を行うなど手間を惜しまない姿勢が、他の一括見積サイトと比べて施工店とのより強い信頼関係の構築に繋がっていると考えられます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリーンエネルギーナビグリーンエネルギーナビ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のQuoカードプレゼントキャンペーンも実施中です!

産業用で信頼できる施工会社を探す

施工店によって産業用の依頼を受けるかどうかの方針が大きく異なり、専用の一括見積サービス無しでニーズに合った施工店を見つけるのは意外に大変な作業です。以下に当サイトおすすめの産業用に特化した一括見積サービスとその特徴をご案内します。

グリーンエネルギーナビ・産業用

価格コムとも連携している一括見積サイト大手。専門のカスタマーサポートによる丁寧なヒアリングでニーズに合った施工店を探してくれます。高い買い物なだけに、確実な施工店に頼みたいところ。見積もり後はその施工店に対するユーザーの評価をサイトで確認できるため、施工店主導にならず自分自身で判断を下せる点も魅力です。

タイアップ企画として当サイトからお見積りされたお客様全員にもれなく1,000円分のクオカードをプレゼント中


タイナビネクスト

露出も高く、利用者数も多いサイトです。登録施工店147社(2013年5月現在)の名前が閲覧できます。