テスラの家庭用蓄電池「Powerwall」

電気自動車(EV)の米スタートアップ、テスラモーターズが2015年4月30日、ロサンゼルスで発表した家庭用蓄電池「Powerwall」。製品詳細や日本展開についてなど新着情報をまとめて掲載しています。

容量(価格) 10kWh(3,500ドル・約42万円)
7kWh(3,500ドル・約36万円)
最高出力 2000W~3300W
サイズ 1300×860×180mm
100kg
動作温度範囲 -20度~43度

表は発表されたテスラの家庭用蓄電池パワー・ウォール(Powerwal)の仕様です。以下では同製品の特徴を日本のメーカーによる製品との比較とともにご案内しています。

価格と見た目を兼ねそろえた製品に「欲しい」が続出!
パワーウォールの仕様と特徴

本業の高級イメージから一転、他社をはるかに凌ぐ「安さ」が最大の特徴

起業家イーロンマスクがCEOを務めるテスラモーターズはもともとプレミアム価格なEVを製造するメーカーで、実際の顧客は富裕層がメインであるものの製品の先進性に多くの層からの憧れと注目を集めていました。同社はEVの中核となる車載用バッテリーの開発に注力し、今回発表された蓄電池はその技術の延長線上にあるものです。ちなみに電池開発においてパナソニックとは密接な協力関係を結んでおり、ネバダ州において共同投資した「ギガファクトリー」と呼ばれる巨大電池工場を、2020年の本格稼働に向けて建設中です。

高級志向のEVとは打って変わって、テスラの家庭用蓄電池「Powerwall」はなんと市場価格の半額以下という期待を裏切る低価格で世間を驚かせました。蓄電池の価格についてのページでは、日本メーカーの製品一覧と補助金を利用した際の価格比較を掲載していますが、補助金を利用したとしてもいずれの製品も1kWh単価で10万円は上回るものばかりです。一方テスラモーターズの価格は単価5.2万円程度(日常使い用の7kWhモデルの場合)で、圧倒的な価格の安さがお分かりいただけます。

蓄電池にここまで?と思わせるデザインへのこだわり

価格だけでなく、汎用を狙ったデザインや仕様は取り入れやすさにこだわっている印象を持ちます。家庭用蓄電池システムというと、床置きのものがほとんどで見た目も野暮ったいものが多くありました。一方パワーウォールはすっきり壁に取り付けられ、さらに高級感あふれる色のバリエーションも豊富で白・濃赤・紺・グレー・ライトパープルの6種類から選べます。設置場所は屋外・屋内を問いませんが、動作温度が最高43度となっており、少なくとも日影を選ぶのが無難です。

日常使い7kWh、非常用10kWhの2種類展開、それぞれ9台まで連結可能

日常使いを前提とした場合、購入するのは7kWhの容量となります。発表では「太陽光発電と合わせることで電力の自給自足が可能」としていますが、実際に完全な自給自足をするとなると1台では足りません。そうした場合、このパワーウォールはそれぞれ9台まで増設が可能となっており、家庭の電力使用に応じて容量が決められます。

10kWhのものは、特に停電やハリケーンが多い地域などに向けたバックアップ用で、停電時や非常時に備えて最適化されたシステムとなっているといいます。気を付けたいのが「7kWhじゃ足りないから10kWhにしよう」という選び方は適切ではないというところ。日常使いを前提とするなら7kWhのものをベースにご家庭の使用電力に合わせた容量がまかなえる台数を揃えるのが正解です。

太陽光もしくは低需要時間帯の系統から充電

パワーウォールは7kWh・10kWhいずれのモデルでも太陽光発電と系統のどちらからも充電が可能になっています。太陽光発電は余剰電力から充電され、系統から充電する場合は電気料金が安い時間帯に自動的に充電できるようになっているということ。

充放電モード操作に関するちょっとした疑問と考察

ただ、多くの日本メーカーの製品のようにモニターや連携できるHEMSを用いて充放電モードが選べるのかどうかまでは情報がありません。一見するに操作においてもシンプルさを優先し、特にユーザーが設定を細々変えることは年頭に置かれていないのかもしれません。設定の簡素化も低価格化に一役買っていると考えるとこの考察はより現実味を帯びます。

そうなると気になるのが、インターネット通信で最新の電力事情を反映した稼働ができるのかどうか、というところでしょうか。例えば国内ではシャープのクラウド蓄電池にこうした機能が搭載されており、その日の天気や電力会社のプラン変更などに適宜順応しながら充放電サイクルを調整するというのが製品のコンセプトとなっています。テスラの場合、同社のEV車でまさにこうした通信によってシステムをアップデートしていける機能を目玉の一つにしていましたが、果たして蓄電池のリリース発表ではそうした通信機能の搭載については触れておらず、標準搭載はされないのかもしれません。

これらの疑問に答えるには詳細情報を待ちたいところです。テスラモーターズは同製品の出荷を2015年夏に始める予定だとしています。日本での取り扱い店舗といった情報はまだ出ておらず、テスラの日本サイトにはまだページさえできていない状況ですが(2015年5月現在)、事前予約フォームで日本を選択して登録しておけば、取り扱いが始まった時に連絡をもらえるようです。最新情報が入り次第こちらのページを更新してまいりますので、ブックマークなども活用の上ご利用ください。

パワーウォールの日本での費用対効果を計算してみました

さて最後に番外編で、日本にテスラのパワーウォールの費用対効果をシミュレーションしてみます。まず深夜電力で日中の電力をまかなった場合の費用対効果から。

パワーウォールで深夜電力によるピークシフトにより、お得に電気代節約する

以下では蓄電池シミュレーションのページにおける京セラのシミュレーションと同じ利用環境において期待されるテスラの家庭用蓄電池パワーウォール(7kWh)の費用対効果です。

導入環境
  • 消費電力月平均:270kWh
  • 蓄電池を使って毎日3.7kWhを昼夜電力融通
  • 月額電気代で約2,000円削減
システム容量 7,000Wh
システム価格(1kWh単価) 360,000円(約5.2万円)
期待寿命 約5000回(深度52%)
1kWhあたりのコスト 約10.3円
1サイクル(1日)あたりのコスト 72円
実質蓄電池コスト 190円/月

電気代の節約効果で相殺できるとまでは言えないものの、かなり惜しい月コスト換算190円という計算になりました。ただ、このシミュレーションは東京電力による半日お得プランを利用した際のシミュレーションとなっており、2016年以降電力小売り自由化によってピーク時間帯と深夜帯の電力単価の差がさらに開いていくと仮定すると、実質コスト0円も現実的と言えます。

オフグリッド(自給自足の独立型電源)ではなんとグリッドパリティを達成

さて、イーロン・マスク氏はこのパワーウォールを発表した際、完全なオフグリッドも年頭に置いた製品であることを明示していました。そこで、系統連携をせずテスラのパワーウォールで自給自足(オフグリッド)生活をした場合のコストをシミュレーションしてみました。

設置環境について

月の平均消費電力500kWhの家庭※1太陽光発電6kWhと、パワーウォール3台(21kWh)を総額約228万円※2で設置してオフグリッドに挑戦

一日の消費電力 16.7kWh
太陽光発電からの自家消費 5kWh
一日に融通する電力 11.7kWh(深度56%)
期待寿命 15年
毎月のコスト 12,667円
1kWhあたりのコスト 25.3円
  • 1 平均的な月額電気代14,500円程度相当
  • 2 太陽光120万円・蓄電池108万円

系統につないで電力を購入する場合月に500kWh程度の消費量であればキロワット時単価29円程度となっています。(基本料や燃料費、再エネ賦課金など加算後の実質コスト)対してテスラのパワーウォールを使用したオフグリッド電源設備のコストは25.3円/kWhで第一次グリッドパリティを達成しています。

より現実的な読者の方への覚書

なお上述のシミュレーションはあくまで計算上のものです。完全なオフグリッドを達成するには特に梅雨時期など雨天が続く日に備えてパワーウォールの容量にさらに余裕を持たないといけませんが、そうなると初期費用が一気に上がっていまします。

現実的な案としては、バックアップとして系統とも連携しておく方法が挙げられます。完全な自給自足ができている月(つまり購入した電力がゼロの月)でも基本料金が数百円かかってしまうのは事実ですが、これは太陽光発電の売電収入で十分相殺できます。

6kWhあたりの太陽光発電の一日の発電量は平均18.7kWhで、上述のシミュレーションの家庭なら自家消費および充電後さらに余った電気を売れば、毎月2,500円程度の収入につながります。

こうしてシミュレーションしてみると、未来の生活がグンと近くなったのがさらに実感できますね。数年はかかると思われていたものが、(実在のアイアンマンともいわれる)イーロン・マスク率いるテスラが一瞬にして塗り替えてしまったあの一夜を今後歴史的瞬間の一つとして記憶する人は少なくないことでしょう。

蓄電池・施工業者一括見積もりサイトランキング

蓄電池は、設置する場所や環境によって金額が変わると言われ、販売店によって導入費用が異なります。ご自宅に最適な蓄電池の機種相談、蓄電池を利用した電力のシミュレーションの依頼やご相談、補助金申請の全面的なサポートなども得られる優良販売店を見つけるには、1社だけではなく複数の販売店を比較して慎重に選ぶことが重要となります。失敗しないためにも蓄電池一括見積もりをご利用ください。
ご利用はもちろん無料!価格比較にも便利です。

優良な販売会社のみに特化した紹介サービス
グリーンエネルギーナビ

  • 最短1分で終わる無料簡単見積もり
  • 使用用途(非常用・光熱費削減・補助電源)に合わせた一括見積
  • 一般家庭用だけでなく産業用にも対応

見積申し込み後は専門のカスタマーサポートからの電話によるヒアリングで、あなたの潜在ニーズまでを把握した後にマッチングを行うため、よりあなたに合った施工店を、手軽に見つけることができます。見積もり後はサイトに掲載される各施工業者に対する消費者の生の口コミを閲覧しながら施工店の選定できるのも、メリットの一つと言えます。