楽天ソーラーの住宅用太陽光発電/価格や口コミ評判など

販売代理店として太陽光発電を取り扱ってきた楽天ソーラーおよび楽天エナジーでは、現在太陽光発電の取り扱いは終了しています。

楽天ソーラーとは

2012年8月からサービスを開始した楽天ソーラー。「パッケージ販売」「単一製品展開での大量入荷」でコスト削減を実現し「はじめやすさ」が最大の特徴です。そんな楽天ソーラーを徹底検証。本当に安いの?楽天ソーラーのメリットは?実際使っている人の口コミ・評判は?など楽天ソーラーの魅力に迫ります。

楽天ソーラーのパネルはどこ製?

楽天ソーラーは2012年のサービス開始当初国内メーカー大手であるシャープのソーラーパネル(海外セルを使用した廉価版製品と予測)を安価にパッケージ提供するサービスとして始まりました。その後取り扱いメーカーのラインナップが増やされ、安価な中国インリーソーラー製パネル、国内メーカー(シャープ京セラ)パネル、そして世界最高効率東芝サンパワーOEM)パネルも提供するようになり、商品の幅を増やしています。

しかし2015年1月現在楽天ソーラーのホームページにはメーカーなどの詳細情報、さらに価格情報なども見当たりません。カスタマーサービスなどの問い合わせ回答も、見積もりを促される内容が送られてくるだけという状態です。

サービスの提供状況が流動的になっていることが予想される中、ここでは過去の情報をもとにできる限りその実態を掘り下げてご案内しています。現在のサービス内容を反映したものではないことをご了承の上、ご参考いただければ幸いです。

価格を最優先させる人に
インリーソーラーの「SLIMパッケージ」
内容と価格詳細

楽天ソーラーの
「SLIMパッケージ」は
800,000円~

2012年はソーラーパネルの供給量世界一に輝いた中国の太陽光発電メーカーインリーソーラー。楽天ソーラーでは2013年10月から取扱いを開始しました。

現在楽天ソーラーの公式サイトには価格案内がありませんが、2013年10月時点に案内されていた価格を参考にご案内しています。同価格は2013年度の補助金を含んでいるため、補助金が廃止された2014年度以降は、補助金分2万円/kW程度の値上げが予想されます。

楽天ソーラーの魅力は少容量でも比較的安価な価格で提供できるところです。特に3kW前後の場合はお得になる可能性が高いです。

容量 価格(1kW単価)
2.34kW 800,000円(34.2万円)
2.93kW 850,000円(29万円)
3.51kW 1,000,000円(28.5万円)
4.10kW 1,150,000円(28.5万円)
4.68kW 1,300,000円(27.8万円)
5.46kW 1,450,000円(26.6万円)
6.24kW 1,600,000円(25.6万円)
6.63kW 1,700,000円(25.6万円)
  • 2013年度の補助金2万円/kWを含んだ参考価格。2014年以降補助金は廃止。

一方他の中国メーカーの相場には、さらに価格で優位性のあるメーカーもあるため、一括見積一括見積などで比較検討することをおすすめします。

注意が必要なのはパッケージ内容。最低限の発電設備のみを提供することでコストを抑えたパッケージには標準的に提供されるモニターが含まれていません

モニターがなくても発電自体はできますが、定期的なパフォーマンスの確認ができないためシステムの異常にも気づきにくくなるなり、長期的に見て売電収入に影響が出る可能性があります。有償オプション(6.5万円~)で用意されている電力モニターを賢く活用することをおすすめします。同様にHEMSや各種サービスもオプションで用意されています。

パッケージ内容
  • インリーソーラー製パネル
    YL195C-24b/195W・14.8%(参考商品)
  • 基本部材
  • 標準設置工事
オプショナル
  • 電力モニター(+6.5万円~)
  • HEMS(+11万円)
  • 各種保証(日照補償・自然災害補償・施工保証)

国内メーカーを納得価格で
シャープの「VALUEパッケージ」
内容と価格詳細

楽天ソーラーの
「VALUEパッケージ」は
950,000円~

インリーソーラーのSlimパッケージ同様、内容や価格について公式サイトでの案内はなく、問い合わせてもおそらく「一度お見積りを」という回答しか得られないのが、人件費を極限まで抑えて運営する楽天ソーラーのちょっとした弱みとも言えますが、ここでも2013年度時点の情報を参考にご案内していきます。

容量 補助金適用後の実質負担額
(1kW単価)
2.004kW 967,500円(47.4万円)※1
2.775kW 942,100円(34.2万円)
3.330kW 1,146,150円(34.7万円)
3.885kW 1,308,400円(34万円)
4.440kW 1,470,450円(33.5万円)
4.995kW 1,630,600円(33万円)
5.550kW 1,776,900円(32.4万円)
6.290kW 1,972,100円(31.8万円)
  • 2013年度の補助金2万円/kWを含んだ参考価格。2014年以降補助金は廃止。
  • 1  2.004kWのパッケージは単結晶シリコンのパネルを使用

「Valueパッケージ」はシャープ製の多結晶パネルが基本パッケージとなっています。有償で単結晶や他のメーカー(おそらく京セラ)も選択できます。

国内メーカーとはいえ、シャープではブラックソーラー以外のパネルにおいて、海外の提携メーカーからセルの提供を受けているため、100%国産パネルとは言えないことに注意が必要です。(参考:メーカーと生産地)ただ、モジュールの組立は、他の「Slimパッケージ」および「Premiumパッケージ」が海外で行っているソーラーパネルを使用するのに対し、「Valueパッケージ」に限っては国内組立を行っているいわゆる国産パネルであることはチェックしておきたいところです。

パッケージ内容
  • シャープ製多結晶パネル
    (185W・14%)
  • 基本部材
    電力モニター(JH-RCM1)
    パワーコンディショナ―(JH-M0B2P/4.0kW)
  • 標準設置工事
  • 各種保証(日照補償・自然災害補償・施工保証)
オプショナル
  • 多面設置は52,500円のオプション費用
  • 単結晶にアップグレード可能(136,500円~)
  • HEMS(+11万円)
  • 他にも蓄電池やEV(日産リーフ)のオプションあり

たくさん載せて売電収入に期待
東芝の「PREMIUMパッケージ」
内容と価格詳細

楽天ソーラーの
「VALUEパッケージ」は
1,190,000円~

2013年12月から取り扱いが始まった東芝のソーラーパネル。東芝ブランド(サンパワー製)ソーラーパネルのパッケージです。

アメリカのソーラーパネルメーカーサンパワーは、日本における知名度はシャープやソーラーフロンティアなどには劣りますが、東芝とのOEM契約によって長年日本の住宅用太陽光発電市場におけるプレミアムな選択肢を提供してきています。固定価格買取制度制定以降は、サンパワーブランドとして産業用の発電プロジェクトにソーラーパネルを提供する例も増えてきています。

なんといっても魅力は「世界最高効率」のソーラーパネル。同面積で多くの発電量を得ようとする場合、ソーラーパネルの効率の高さは重要です。人気の高い商品なので、価格も手頃になってきています。

  • 補助金2万円/kWを含んだ価格
パッケージ内容
  • 東芝ブランドソーラーパネル
    SPR-250NE-WHT-J(250W・20.1%)
  • 基本部材
    電力モニタータブレット(Kobo Arc 7HD)
    パワーコンディショナ―
  • 標準設置工事
  • Panasonic スマートHEMS
  • 各種保証(日照補償・自然災害補償・施工保証・あんしんお見舞い金サービス)
オプショナル
  • 蓄電池やEV(日産リーフ)のオプションあり

楽天ソーラーの価格は本当に安いの?収支シミュレーション

楽天ソーラーで太陽光発電を設置することで、どれくらいの売電収入が得られるのかというのは気になる部分です。表では、主なパッケージの価格と収支情報をまとめています。

シミュレーションはあくまでサンプルですが、インリーソーラーを選んだ場合で固定価格買取期間の10年よりはるかに短期間の6年あまりでの初期費用の回収が可能になります。

設置
容量
初期費用 毎月お得に
なる金額
10年でお得
になる金額
初期費用
回収年数
シャープ
3330W 1,146,150円 9,668円 14,040円 9年11カ月
4995W 1,630,600円 15,204円 193,925円 8年11カ月
6290W 1,972,100円 19,510円 369,130円 8年5カ月
インリーソーラー
3510W 1,000,000円 10,267円 232,010円 8年1カ月
5460W 1,450,000円 16,751円 560,060円 7年3カ月
6630W 1,700,000円 20,641円 776,890円 6年1カ月
  • 毎月9,000円の電気料金の家庭、25年度の売電価格38円を適用

省エネに励めばさらに大きな経済効果を生むことも期待できます。実際に楽天ソーラーで設置された方のブログを見てみると、2.59kWの小規模システムでも「7年での初期費用回収ができるみこみ」という記述も見られます。(2012年の12月に2.59kWを約105万円(40.5万円/kW)で購入。9か月の稼働期間を経た発電状況から

楽天ソーラーの口コミ・評判

楽天ソーラーでは、その時々の市場のニーズに合わせてサービス形態がフレキシブルに変わっていき、常にその時の"売れ筋"の商品を取り扱っているという印象です。

まだ「太陽光発電と言えば国産」というイメージが強かったサービス開始当初は、信頼度の高いシャープのソーラーパネルを安価に提供。2013年後半頃からは中国製の安価なソーラーパネルの人気が高まり、楽天ソーラーでも供給量世界一のインリーソーラーを提供開始しました。そして東芝ブランドサンパワー製の「世界最高効率」パネルを、2013年末に価格が下がりきったタイミングで取り扱い開始。現在は、サービス開始当初と比べてより広い消費者層をカバーするサービス内容になっています。

信頼の国内メーカー、低価格帯海外メーカー、高性能のプレミアムパネルメーカーと、それぞれの市場においての有力メーカーに絞って取り扱うことで実現させた低価格のサービスが魅力の一つと言えますが、施工においても実績の多い「日本エコシステム」と提携し、信頼性を確保しています。

提携の「日本エコシステム」は日本最大手
信頼性の高さは公共事業でも採用

楽天ソーラーは信頼性もno.1

施工は全て日本エコシステムが請け負っています。日本エコシステムは、販売施工27,000棟以上(2013年3月現在)の実績を持ち、施行の信頼度は随一「太陽光発電 & 菜園付きアパート」の販売など、太陽光発電だけにとどまらないエコ住宅の提案を始め、ソフトバンクの「おうち発電プロジェクト」でも施工を請け負っています。「福島県の太陽光発電促進による復興対策事業」に楽天ソーラーが採用された際も施工は日本エコシステムが請け負っています。

口コミに多い「即日契約」の評判
どう考えるべき?

効率化されたシステマチックな楽天ソーラーのサービスは、価格とサービスの質の一貫性は保たれますが、デメリットが無いわけではありません。人件費を削減した運営体制は、サービスについて聞きたい事がある際などにすぐに連絡が取れない不便さがありますし、なにより口コミで目立つのは「現地調査で即日契約を迫られる事に対する違和感」です。

こうした口コミの理由として、以前楽天ソーラーはパッケージ価格をサイト上に明記しており、サイト上で購入希望者はおおまかな見積もりを知る事ができた背景があります。現地調査による見積もりがサイト上の見積もりと大きく違わない場合は契約、という流れが暗黙の了解となっていたようです。

現在の楽天ソーラーのホームページではパッケージごとの価格帯のみがサイトに記載されているだけです。現地調査で初めて実際の価格を提示された状況なら、その場で契約を迫られても断る余地は多く残されていると予想できます。楽天ソーラーでの見積もりの際には、当サイトで各ブランドの相場価格との比較で価格の妥当性を確認し、納得の契約・購入につなげてください。

楽天ソーラー検討の前に他業者からの見積もりを取っておくのがおすすめ

施工店選びの際は価格の妥当性を知るためにも、一括見積などの利用で複数社を比較検討するのがおすすめです。特に営業コストを減らすためにも、現地見積もりでの即決を求められる傾向が強いとされる楽天ソーラー。決断に迷いが出ないように先だって見積もりをいくつか取ってから楽天ソーラーに見積もりを依頼するのが良策かと思われます。

住宅用で信頼できる施工会社を探す

太陽光発電のメーカー選びで欠かせないのがいい施工店との出会い。実際に設置するとなると制約の多い住宅屋根は選べるメーカーが案外少ないなんてこともあり、限られた選択肢から最適解を見出すにはメーカーと購入者をつなぐ施工店が重要な役割を果たします。施工店選びには一括見積サービスを利用される方がほとんどですが、ここでは当サイトがおすすめする見積もりサイトとその特徴をご案内します。

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイト2社厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。また太陽光発電は安い買い物ではありません。お時間が許す場合は一つならずとも複数のサービスで見積もりを取り選択肢を増やせばさらに安心につながります。いずれのサービスも無料なので、納得がいくまで相見積もりをする方も非常に多くいらっしゃいます。以下の2社以外は太陽光発電の業者・一括見積サービスランキングでご確認ください。


信頼施工店を厳選して手早く見積もりたい方にお勧め

太陽光発電システム見積比較.com

太陽光一括見積サイトの運営会社のほとんどが設立10年に満たないベンチャー企業である中で「太陽光発電システム見積比較.com」を運営する創業50余年のミツイワ株式会社の存在は異色と言えます。全国展開でサービスを提供するにあたり、施工店の登録はその地まで足を運んで実際にその工務店の人間と会って提携を行うなど手間を惜しまない姿勢が、他の一括見積サイトと比べて施工店とのより強い信頼関係の構築に繋がっていると考えられます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリーンエネルギーナビグリーンエネルギーナビ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のQuoカードプレゼントキャンペーンも実施中です!

産業用で信頼できる施工会社を探す

施工店によって産業用の依頼を受けるかどうかの方針が大きく異なり、専用の一括見積サービス無しでニーズに合った施工店を見つけるのは意外に大変な作業です。以下に当サイトおすすめの産業用に特化した一括見積サービスとその特徴をご案内します。

グリーンエネルギーナビ・産業用

価格コムとも連携している一括見積サイト大手。専門のカスタマーサポートによる丁寧なヒアリングでニーズに合った施工店を探してくれます。高い買い物なだけに、確実な施工店に頼みたいところ。見積もり後はその施工店に対するユーザーの評価をサイトで確認できるため、施工店主導にならず自分自身で判断を下せる点も魅力です。

タイアップ企画として当サイトからお見積りされたお客様全員にもれなく1,000円分のクオカードをプレゼント中


タイナビネクスト

露出も高く、利用者数も多いサイトです。登録施工店147社(2013年5月現在)の名前が閲覧できます。