サンパワー(東芝ソーラーパネルのOEM製品・元ブランド)が、グーグルとパネルリース事業で提携

東芝とのOEM提携により、世界最高効率のパネル日本の住宅用太陽光発電市場に提供しているサンパワー
拠点とするアメリカではサンパワー製のパネルを使ったリース事業が普及しており、既に2万人がこのプログラムを利用しているということですが、今回グーグルが最大1億ドル、サンパワーが約1億5000万ドルの出資を約束。住宅用の太陽光発電の普及を進め、「二酸化炭素排出量の減少により効果的な方法を家庭に提供(グーグルの企業金融部門・コジョ・アコアサレ氏)」したい、としています。

グーグルはこれまでにも再生可能エネルギー分野に投資を行っており、その額は合計10億ドル以上ということ。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です