グリッドパリティとは

グリッドパリティの意味

簡単にいうと、再生可能エネルギーなどの代替エネルギーが、既存の系統電力と、発電コストの面で同等になることを指します。

グリッドパリティの算出方法

その発電設備が設備の稼働期間全体で生み出せる電力を、総事業費で割ったものがグリッドパリティの指標となり、「○○円/kWh」という形で算出されます。

例えば太陽光発電ならキロワットあたりのシステム価格とメンテナンス価格の総計を、耐用年数年間発電量で割った価格となります。(具体的な数字は以下でシミュレーション計算しています。)

なぜ、グリッドパリティが重要なの?

世界各地域において基幹となっている火力や原子力の環境への影響が指摘される昨今、それらを代替するために普及が急がれるのが再生可能エネルギーですが、もともとのコストが高く、補助金やFIT無しでは普及が進まない側面があります。グリッドパリティはこうした優遇措置なしにも自然に普及が進むような市場を作るために達成すべき最低ラインとも考えることができます。

国や地域・使用パネルによって基準が異なるグリッドパリティ
太陽光発電が第三地域でより注目される理由

地域ごとに既存系統の電気料金が異なることに加え、太陽光発電はメーカーごとに価格の差があり、また国や地域によってパフォーマンス(キロワットあたりの発電量)が大きく異なります。こうした理由から、グリッドパリティは環境によって基準が大きく異なるといえます。

一般的に、基幹の系統電力の整備が進んだ先進国においてはグリッドパリティはより高いレベルの目標です。

一方で島国や無電化地域では、コストが高くて環境・健康への悪影響が指摘されるディーゼル発電機などを基幹電源として使用している地域が多く、それらと比較して太陽光発電はコスト的にも大いに注目されている状況があります。

NEDOによるグリッドパリティの定義

グリッドパリティは世界共通の指針があるわけではありませんが、参考として日本で指標とされるNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)による定義をご案内します。

グリッドパリティのレベル 比較電源 価格 目標
第一段階グリッドパリティ 家庭用電力(従量電灯)価格並 23円 2013年達成済み
第二段階グリッドパリティ 業務用電力(高圧以上)価格並 14円 2020年
第三段階グリッドパリティ 汎用電源(基幹電源)の発電コスト並 7円 2030年

標準積載量(4kW)あたりのメーカー別発電コスト比較

以下の表は代表的なパネルメーカーにおいて、日本の標準的な積載量である4キロワットを住宅屋根に置き、すべての電力を自家消費すると仮定した場合の発電コストの比較を示します。

太陽光発電の耐用年数(寿命)は20~30年といわれます。寿命を少なく見積もって20年とし、その間に仮にパワーコンディショナを新調するとしても、(システムの中でも故障率が高いと言われるのはパネルではなくパワーコンディショナ)18円/kWh未満となっています。

メーカー
パネル型番
4kWの
価格
発電コスト
(10年)
発電コスト(20年) 発電コスト
(30年)
パワコン
交換無し
パワコン
交換有り
SOLAR
FRONTIER

SF170-S
113.2万円 23.42円 11.71円 14.81円 11.85円
TOSHIBA
SPR-250NE-WHT-J
126.8万円 27.81円 13.90円 17.19円 13.75円
Panasonic
HIT240α
126.4万円 27.72円 13.86円 17.15円 13.72円
SHARP
NQ-198AC
132万円 28.95円 14.47円 17.76円 14.21円
MITSUBISHI
PV-MA2200K
117.2円 25.70円 12.85円 16.14円 12.91円
CanadianSolar
CS6A-215MM
112.8万円 24.74円 12.37円 15.66円 12.53円
Q.CELLS
Q.PEAK 260
128万円 28.07円 14.04円 17.32円 13.86円
Trina solar
TSM-205DC80.08
104万円 22.81円 11.40円 14.69円 11.75円
  • 価格は2014年10日現在の最安値相場単価を4倍して算出
  • 発電量は年間1140kWh(設備利用率13%)を適用。実発電量が多いことが実証されているソーラーフロンティアにおいては1.06倍にして算出。経年劣化はここでは加味しないこととする
  • 発電コストは1kWh(キロワットアワー)あたりの価格
  • パワーコンディショナの価格は一台30万円とし、交換10年間で0回、30年で1回とする。

現在の電気代と比較したグリッドパリティの目安は?

NEDOによるグリッドパリティの基準が、家庭用の電気代においては23円/kWhであることは上述のとおりです。しかしこの単価23円という基準は過小評価である可能性が高いことを、実際の電気代から算出されるグリッドパリティ価格に照らし合わせてご案内していきます。

一般家庭のグリッドパリティは25~28円

以下の表では、日本における一般的な世帯形態ごとの電気代例から単価を算出しています。(東京電力の従量電灯B・Cプラン)電気代が高くなるにつれ単価も高くなることが読み取れますが、この電気代の単価=各家庭のグリッドパリティの基準となります。

契約内容 電気料金例
(月額平均)
使用電気量
(月平均)
単価(kWh) シチュエーション例
20A 4,000~7,500円 160~290kWh 24.6~25.2円 一人暮らしなど
30A 5,500~9,000円 210~330kWh 26.2~26.5円 夫婦2人世帯など
40A 7,000~10.500円 260~380kWh 27.2~27.7円 平均的な一世帯(核家族)など
50A 9,000~12.000円 310~420kWh 28.1~28.6円 大人数世帯や二世帯など

売電しなくてもお得な程価格の下がった太陽光発電

家庭の電気料金においては達成されたと言い切れる太陽光発電のグリッドパリティ。今後はFIT制度による売電に頼らなくても、自家消費で採算の合う可能性が高いす。

一方で「発電量 > 消費電力量」の時間帯は一般的に余剰売電を行うため、多くの場合で買取価格がより高い時期(つまり、来年度より今年度)に設置する方がお得といえます。

パネルの質より施工の質?

太陽光発電設置の際はパネルの性能と同じくらい、施工の質にも気を付けていただくことをおすすめします。

住宅用で信頼できる施工会社を探す

太陽光発電のメーカー選びで欠かせないのがいい施工店との出会い。実際に設置するとなると制約の多い住宅屋根は選べるメーカーが案外少ないなんてこともあり、限られた選択肢から最適解を見出すにはメーカーと購入者をつなぐ施工店が重要な役割を果たします。施工店選びには一括見積サービスを利用される方がほとんどですが、ここでは当サイトがおすすめする見積もりサイトとその特徴をご案内します。

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイト2社厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。太陽光発電は安い買い物ではないため、納得がいくまでいくつかのサービスを併用する方も少なくありません。いずれのサービスも無料で利用できます。


信頼施工店を厳選して手早く見積もりたい方にお勧め

太陽光発電システム見積比較.com

太陽光一括見積サイトの運営会社のほとんどが設立10年に満たないベンチャー企業である中で「太陽光発電システム見積比較.com」を運営する創業50余年のミツイワ株式会社の存在は異色と言えます。全国展開でサービスを提供するにあたり、施工店の登録はその地まで足を運んで実際にその工務店の人間と会って提携を行うなど手間を惜しまない姿勢が、他の一括見積サイトと比べて施工店とのより強い信頼関係の構築に繋がっていると考えられます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリーンエネルギーナビグリーンエネルギーナビ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のQuoカードプレゼントキャンペーンも実施中です!

産業用で信頼できる施工会社を探す

施工店によって産業用の依頼を受けるかどうかの方針が大きく異なり、専用の一括見積サービス無しでニーズに合った施工店を見つけるのは意外に大変な作業です。以下に当サイトおすすめの産業用に特化した一括見積サービスとその特徴をご案内します。

グリーンエネルギーナビ・産業用

価格コムとも連携している一括見積サイト大手。専門のカスタマーサポートによる丁寧なヒアリングでニーズに合った施工店を探してくれます。高い買い物なだけに、確実な施工店に頼みたいところ。見積もり後はその施工店に対するユーザーの評価をサイトで確認できるため、施工店主導にならず自分自身で判断を下せる点も魅力です。

タイアップ企画として当サイトからお見積りされたお客様全員にもれなく1,000円分のクオカードをプレゼント中


タイナビネクスト

露出も高く、利用者数も多いサイトです。登録施工店147社(2013年5月現在)の名前が閲覧できます。