ソーラーフロンティアと三菱の太陽光発電

価格、性能などを徹底比較

国内のパネルメーカーとして名高い三菱とソーラーフロンティア。いずれも日本で実績の高いブランドですが、見積もりで二社の提案が来た時はどちらを選べばいいのでしょうか。このページでは各社の製品仕様や費用対効果などを比較してご案内していきます。

三菱とソーラーフロンティアってどんなメーカー?

三菱は総合電機メーカー、ソーラーフロンティアは昭和シェルの子会社として設立された太陽光発電専門のメーカーという点で、会社自体の規模や組成に大きく違いはあるものの、いずれも1970年代の石油危機後から太陽光発電の研究開発を始めている点では同じと言えます。

1996年には三菱電機は住宅用の太陽光発電事業への参入を果たしています。一方ソーラーフロンティアの親会社昭和シェルは、従来型の結晶型太陽電池からCIS化合物系太陽電池に研究対象を切り替えたのが1980年代後半、同じCIS太陽電池が商業生産を始めたのは2007年になります。また名前をソーラーフロンティアに変えたのは2010年と比較的最近なので、三菱電機と比べると知名度が低いのは致し方ありません。

販売量比較

メーカーのシェアランキングを確認すると、住宅用のソーラーパネルでは新築のカテゴリーでソーラーフロンティアが毎年3割近くのシェアで一位の座を保持しています。三菱はと言うと、ソーラーフロンティアの半分以下のシェアに止まっています。これは製品がどう、と言うよりも、マーケティングの問題が考えられます。新築部門ではハウスメーカー経由の売り上げが大きく影響する傾向がありますが、ソーラーフロンティアに比べて三菱がパネルを提供しているハウスメーカーは少ないことが直接シェアにも繋がっていることが考えられます。

一方、既築の部門では、三菱はシェアで10%程度、ソーラーフロンティアは約5%で毎年推移しており、三菱が優勢のようです。こちらは逆に、住宅用太陽光発電への参入が10年程度早かった三菱が施工販売店とより深い繋がりを保っているのかもしれません。また三菱の製品はソーラーフロンティアに比べて効率が2%程度高く、既築でも多くの容量が載せやすいことも、シェアが大きい理由の一つに考えられます。

製品比較

表では各社における2019年6月時点の各社が販売する主力製品におけるスペックを比較してご案内しています。

製品型番
種類
出力・効率 サイズ・重量 重量/㎡
重量/kW
ソーラーフロンティア
SFK185-S
CIS太陽電池
185W
15.06%
1257×977×35mm
18.5kg
15.1kg
100kg
三菱
PV-MA2530N
単結晶太陽電池
253W
17.8%
1657×858×46mm
16kg
11.3kg
63kg

両者の一番大きな違いといえば、販売しているソーラーパネルの種類を挙げないわけにはいきません。三菱電機の太陽電池は日本の住宅用としては一番一般的な結晶型であるのに対し、ソーラーフロンティアはCIS太陽電池と呼ばれる化合物型の太陽電池です。表でも確認できるように、結晶型の方が効率が良く、パネルが軽いと言う特徴があるのに対し、CIS太陽電池は実地においての発電量が多いと言われています。実際に発電量を実地で比較した実証実験では、1kWあたりの発電量でソーラーフロンティアが三菱電機より8%程度多い結果を出しています。

一方三菱はご案内したパネルと組み合わせられるサイズバリエーションを5型提供しています。これによって積載量を大きく増やすことができるため、小さめで鋭角もある屋根に取り付けるのであれば三菱の方が合っていると考えられます。

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイト2社厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。太陽光発電は安い買い物ではないため、納得がいくまでいくつかのサービスを併用する方も少なくありません。いずれのサービスも無料で利用できます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリエネグリエネ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のQuoカードプレゼントキャンペーンも実施中です!


顧客満足度98%!とりあえずならこのサイト

タイナビ

利用者実績は100万人以上、これだけの顧客がいながら満足度98%を保持するサイトは、コマーシャルなどでも見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

敷居の低さが人気で、図面のみでの見積もりも可能(訪問が無い)なので気軽です。

価格と収支の比較

パネル型式
(出力・効率)
価格・相場 あなたのお宅の設置費用は?
SOLAR
FRONTIER

SF185-S
(185W・15.1%)
203,500
/kW
最安値店も含めて
無料一括見積
最安値店も含めて
無料一括見積
MITSUBISHI
PV-MA2500N
(250W・17.6%)
272,800
/kW

ご案内しているのはソーラーフロンティアと三菱のソーラーパネルの2019年10月1日時点の価格情報です。ソーラーフロンティアは国産パネルでも中国製に負けない安さが魅力です。一方三菱電機は先述のようにより多くの容量を屋根にのせられることから、年間発電量および売電量も比例して多くなります。状況によっては少し高くても、三菱を選んだ方が収益は増えると言う場合も大いに考えられます。

また、これは両者に言えることですが、パワーコンディショナとの容量の兼ね合いが良い方がお得になりやすいと言う点も見逃せません。約200W単位で容量が変わるパネルに対して、パワーコンディショナは4.4kW、5.5kWと言うように規格サイズが決まっているので、パワコンの容量が大きく余るような組み合わせしかできない配置になった場合は価格単価が下げにくい状況が考えられます。以下の配置例も合わせてご確認ください。

パネル配置例

表ではソーラーフロンティアおよび三菱のパネルを指定のサイズの屋根に配置する場合どれだけの容量が載せられるのかを一覧にしてご案内しています。さらに合わせるパワコンのサイズも一緒に比較していきます。

屋根面積35㎡の場合の太陽光発電システム積載量
屋根の寸法 ソーラーフロンティア 三菱
縦5.0m

横7.0m
パネル容量3.7kW
(185Wが20枚)
パワコン容量 3.0kW
(123%過積載)
パネル容量4.36kW
(250Wが15枚、122Wが5枚)
パワコン容量 4.0kW
(109%過積載)
縦5.4m

横6.5m
パネル容量3.7kW
(185Wが20枚)
パワコン容量 3.0kW
(123%過積載)
パネル容量4.5kW
(250Wが18枚)
パワコン容量 4.0kW
(113%過積載)
縦5.6m

横6.2m
パネル容量3.7kW
(185Wが20枚)
パワコン容量 3.0kW
(123%過積載)
パネル容量4.5kW
(250Wが18枚)
パワコン容量 4.0kW
(113%過積載)
屋根面積45㎡の場合の太陽光発電システム積載量
屋根の寸法 ソーラーフロンティア 三菱
縦5.0m

横9.0m
パネル容量4.44kW
(185Wが24枚)
パワコン容量 4.0kW
(111%過積載)
パネル容量6.25kW
(250Wが25枚)
パワコン容量 5.5kW
(114%過積載)
縦5.6m

横8.0m
パネル容量5.55kW
(185Wが30枚)
パワコン容量 4.4kW
(126%過積載)
パネル容量6.73kW
(250Wが24枚、122Wが6枚)
パワコン容量 5.5kW
(122%過積載)
縦6.4m

横7.0m
パネル容量5.55kW
(185Wが30枚)
パワコン容量 4.4kW
(126%過積載)
パネル容量6.1kW
(250Wが21枚、122Wが7枚)
パワコン容量 5.5kW
(111%過積載)

パネルを選ぶ際に見落としがちなのがパワコンの容量。パワコン容量はパネル容量と比べて140%程度多くする方が採算性が上がる場合が多いです。(詳しくは過積載についてのこちらのページでご確認ください)ただ、夏の日中などパネルが最大祝力を発揮している時に電流が大きすぎてパワコンが壊れたりすれば元も子もありません。そもそもパネルメーカー側で保証は120%まで、規定されている場合もあります。保証の範囲内でパネルの比率をどこまであげられるかは、意外かもしれませんが施工店がメーカーにどれだけ融通がきかせられるかで変わることがあります。

あなたとメーカーをつなぐ施工店の質は意外に重要?

住宅用で信頼できる施工会社を探す

太陽光発電のメーカー選びで欠かせないのがいい施工店との出会い。実際に設置するとなると制約の多い住宅屋根は選べるメーカーが案外少ないなんてこともあり、限られた選択肢から最適解を見出すにはメーカーと購入者をつなぐ施工店が重要な役割を果たします。施工店選びには一括見積サービスを利用される方がほとんどですが、ここでは当サイトがおすすめする見積もりサイトとその特徴をご案内します。

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイト2社厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。太陽光発電は安い買い物ではないため、納得がいくまでいくつかのサービスを併用する方も少なくありません。いずれのサービスも無料で利用できます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリエネグリエネ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のQuoカードプレゼントキャンペーンも実施中です!


顧客満足度98%!とりあえずならこのサイト

タイナビ

利用者実績は100万人以上、これだけの顧客がいながら満足度98%を保持するサイトは、コマーシャルなどでも見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

敷居の低さが人気で、図面のみでの見積もりも可能(訪問が無い)なので気軽です。

産業用で信頼できる施工会社を探す

施工店によって産業用の依頼を受けるかどうかの方針が大きく異なり、専用の一括見積サービス無しでニーズに合った施工店を見つけるのは意外に大変な作業です。以下に当サイトおすすめの産業用に特化した一括見積サービスとその特徴をご案内します。

グリエネ・産業用

価格コムとも連携している一括見積サイト大手。専門のカスタマーサポートによる丁寧なヒアリングでニーズに合った施工店を探してくれます。高い買い物なだけに、確実な施工店に頼みたいところ。見積もり後はその施工店に対するユーザーの評価をサイトで確認できるため、施工店主導にならず自分自身で判断を下せる点も魅力です。

タイアップ企画として当サイトからお見積りされたお客様全員にもれなく1,000円分のクオカードをプレゼント中


タイナビネクスト

露出も高く、利用者数も多いサイトです。登録施工店147社(2013年5月現在)の名前が閲覧できます。