太陽光発電と設置面積

坪と平米別の設置容量や坪単価、売電収入など

設置面積あたりの太陽光発電の設置可能容量・初期費用・売電収入早見表

設置面積
坪数
平米
設置容量(規模)
年間発電量
初期費用
坪単価/平米単価
年間売電収入/利回り
20年の収支
1坪
3.31㎡
0.3kW
380 kWh
- -
10坪
33.06㎡
3.3kW
3,800 kWh
150万円
15万円/4.5万円
14万円/9.4%
-
20坪
66.12㎡
6.7kW
7,600 kWh
300万円
15万円/4.5万円
28万円/9.4%
-
30坪
99.17㎡
10kW
11,400 kWh
430万円
14.3万円/4.3万円
37万円/8.5%
300万円
10kW未満・余剰売電設備のお見積りは
顧客満足度98%、手軽さが魅力のタイナビ一括見積で
 >>>> お見積りはこちら >>>>
50坪
165.29㎡
17kW
19,000 kWh
717万円
14.3万円/4.3万円
61万円/8.5%
500万円
100坪
330.58㎡
33kW
38,000 kWh
1400万円
14万円/4.2万円
122万円/8.7%
1032万円
200坪
661.16㎡
67kW
76,000 kWh
3000万円
15万円/4.5万円
243万円/8.1%
1864万円
300坪
991.74㎡
100kW
114,000 kWh
4500万円
15万円/4.5万円
365万円/8.1%
2796万円
500坪
1652.89㎡
167kW
190,000 kWh
7000万円
14万円/4.2万円
608万円/8.7%
5160万円
1000坪
3305.79㎡
333kW
380,000 kWh
1.35億円
13.5万円/4.1万円
1216万円/9.0%
1.08億円
3000坪
9917.36㎡
1,000kW
1,140,000 kWh
3.5億円
11.7万円/3.5万円
3648万円/10.4%
3.8億円
10kW以上産業用・全量売電設備のお見積りは
カスタマーサポートが充実した産業用グリーンエネルギーナビで
 >>>> お見積りはこちら >>>>
  • 初期費用、売電収入および収支は1万円以下は四捨五入、坪単価、平米単価は千円以下四捨五入

設置場所の平米数(坪数)あたりで適切な設置方法を

50平米で産業用は、やっぱり無理?

陸屋根0°設置の例
陸屋根0°設置の例

いわゆる産業用の太陽光発電は10kWからですが、50平米(50㎡)というと10kWのパネル面の広さに相当します。50平米強ある場合は設置方法次第でギリギリ10kWが載せられる可能性も無くはありませんが、基本的には余剰扱いの5~6kW程度が標準的といえます。しかし5~6kWであっても電気代削減分で採算が取れる可能性が高いため、検討する価値はあるといえます。

例えば50平方メートルの陸屋根などなら、パネルの列ごとの間隔を開けない0°の設置角度で載せるという方法で規模を増やすという方法もあります。発電量は最適角度(南向き30°)に比べて90%程度まで落ちますが、地上面からパネルが見えないことから、建物の美観を優先したい方にもおすすめの方法です。

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイト2社厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。太陽光発電は安い買い物ではないため、納得がいくまでいくつかのサービスを併用する方も少なくありません。いずれのサービスも無料で利用できます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリーンエネルギーナビグリーンエネルギーナビ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のQuoカードプレゼントキャンペーンも実施中です!


顧客満足度98%!とりあえずならこのサイト

タイナビ

利用者実績は100万人以上、これだけの顧客がいながら満足度98%を保持するサイトは、コマーシャルなどでも見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

敷居の低さが人気で、図面のみでの見積もりも可能(訪問が無い)なので気軽です。

30坪(約100平米)から100坪は狙い目
産業用のご検討を

30坪以上なら10kWの設置が現実的になってきます。つまり、小規模な産業用発電事業です。30坪・50坪・100坪の坪単価、平米単価は比較的安価になりやすく、収支を増やしやすい規模といえます。

この理由は、設置できる設備の容量にポイントがあります。10kW以上から50kW未満は、地上設置の設備の一般化が進んでいると言える容量で、いわば「狙い目」な規模といえます。

200坪は容量控えめがベター

200坪程度の土地をお持ちの場合、表では67kW程度の設置が可能ということになっていますが、50kW未満に容量を抑える方がリスクが少ないといえます。50kW以上からは高圧扱いになるためキュービクルの設置やメンテナンスの義務などが生じ、費用面や運用面でハードルがもう一つ高くなるからです。

できるだけ手間がかからない事業をとお考えの場合は、300坪未満の土地であれば同じように低圧の選択がいいかもしれません。迷っている方は施工店の方にもゆっくり相談に乗ってもらいましょう。

手間がかかっても容量をとにかく増やしてどんどん売電しよう、と覚悟が決まっている場合は、メンテナンスも含めて20年を通して頼れる施工店を選ぶことをおすすめします。

500坪からは本格産業用太陽光発電事業に

500坪、1000坪単位の土地で太陽光発電の設置をお考えの方は、本格的な太陽光発電事業を考えてもよさそうです。高圧は低圧に比べて、キュービクルの設置等で数百万~数千万単位で初期費用が上乗せされますが、相応の売電収入が期待できます。

50kW未満に比べて定期的なメンテナンスの必要性が増すため、購入段階で20年分の運用費を簡単に見積もっておくとよさそうです。(表の初期費用には運用費は含まれません)

高圧連系の設備においては接続連系ができない地域が増えてきています。接続の可否状況は日々更新されますので、最新情報をご確認の上ご検討ください。

メガソーラーは3000坪から

俗にいうメガソーラー、1MW(1,000kW)を超える太陽光発電事業が現実的になるのは3000坪(約10,000平方メートル/1ha)からです。表ではより効率が高く、値段も高い東芝ブランドの単結晶パネルを使用した場合でシミュレーションしていますが、これだけ大規模の事業では普通はより単価が安くて効率も低い、多結晶系ないし化合物系パネルを使用します。そのためメガソーラーに必要な土地は1~1.5haというのが一般的な説です。

1MWはもちろん高圧連系になりますが、先述の通り高圧は接続ができない地域が増えています。最新情報をご確認の上、ご検討ください。

1平方メートルあたりの太陽光発電の年間発電量

1平方メートル(平米)あたりで太陽光発電はどれくらい発電量が得られるの?という質問をお受けすることがよくあります。これには2種類の回答があり、それぞれについてここではご案内していきます。

遊休地○○平米に太陽光発電をつけたいけど
どれくらいの発電量が得られるか?

発電量はパネルの性能(主に変換効率)に比例し、地上設置だと1平方メートルで年間75kWh~115kWhが得られる計算です。もちろん日照量が多い地域ならさらに多くの発電量が期待できます。この数字は地上設置を想定した場合で、パネルの列ごとの間隔も加味した数値になっています。

太陽光発電を屋根につけたいけど
○○平米でどれくらいの発電量が得られるか?

傾斜屋根にそのままパネルを設置する場合は通常列ごとをくっつけて設置します。この場合、パネルの性能にもよりますが、1平方メートルで年間150kWh~230kWhが得られる計算になります。

太陽光発電を地上設置する場合、1平方メートルで年間115kWhの発電量が得られます。

いいメーカーとの出会いは施工店次第

住宅用で信頼できる施工会社を探す

太陽光発電のメーカー選びで欠かせないのがいい施工店との出会い。実際に設置するとなると制約の多い住宅屋根は選べるメーカーが案外少ないなんてこともあり、限られた選択肢から最適解を見出すにはメーカーと購入者をつなぐ施工店が重要な役割を果たします。施工店選びには一括見積サービスを利用される方がほとんどですが、ここでは当サイトがおすすめする見積もりサイトとその特徴をご案内します。

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイト2社厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。太陽光発電は安い買い物ではないため、納得がいくまでいくつかのサービスを併用する方も少なくありません。いずれのサービスも無料で利用できます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリーンエネルギーナビグリーンエネルギーナビ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のQuoカードプレゼントキャンペーンも実施中です!


顧客満足度98%!とりあえずならこのサイト

タイナビ

利用者実績は100万人以上、これだけの顧客がいながら満足度98%を保持するサイトは、コマーシャルなどでも見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

敷居の低さが人気で、図面のみでの見積もりも可能(訪問が無い)なので気軽です。

産業用で信頼できる施工会社を探す

施工店によって産業用の依頼を受けるかどうかの方針が大きく異なり、専用の一括見積サービス無しでニーズに合った施工店を見つけるのは意外に大変な作業です。以下に当サイトおすすめの産業用に特化した一括見積サービスとその特徴をご案内します。

グリーンエネルギーナビ・産業用

価格コムとも連携している一括見積サイト大手。専門のカスタマーサポートによる丁寧なヒアリングでニーズに合った施工店を探してくれます。高い買い物なだけに、確実な施工店に頼みたいところ。見積もり後はその施工店に対するユーザーの評価をサイトで確認できるため、施工店主導にならず自分自身で判断を下せる点も魅力です。

タイアップ企画として当サイトからお見積りされたお客様全員にもれなく1,000円分のクオカードをプレゼント中


タイナビネクスト

露出も高く、利用者数も多いサイトです。登録施工店147社(2013年5月現在)の名前が閲覧できます。