ウォーターサーバーのメンテナンス方法とサービス

ウォーターサーバーのメンテナンスには、パーツや消耗品の交換などのサーバー内部のメンテナンスとボトル差込口や蛇口部分、受け皿などのサーバー外部のメンテナンスに分かれます。
外部のメンテナンスは利用者自身で行い、内部のメンテナンスはメーカー専門スタッフが行うのが一般的ですが、メーカーによってサービスの内容が異なってきます。

内部のメンテナンス

内部メンテナンスに関してはメーカーにより、頻度、料金、メンテナンス内容などに違いがあり、有料のところもあれば無料なところもあります。また、内部に外気が入らない仕組みのサーバーでは、メンテナンス不要としているメーカーも存在します。一般的に内部のメンテナンスは1年~3年おきにメーカー専門スタッフがパーツや消耗品の交換、洗浄殺菌処理を行います。サーバー自体を新品のサーバーに交換をもってメンテナンスとするメーカーもあります。

メンテナンスをメーカー別で比較

メーカー メンテナンスの料金 メンテナンス内容 詳細
プレミアムウォーター(富士吉田)のロゴ 不要 内部は外気が入り込まないため不要 公式
うるのん(さらり)のロゴ 無料 3年に1度サーバーを無料定期交換 公式
富士桜命水のロゴ 不要 内部は週に1度温循環機能により自動洗浄 公式
ネイフィールウォーター(日田ほのか)のロゴ 不要 内部はクルーンエアシステムにより不要 公式
マーキュロップのロゴ 無料 1年に1度サーバーを無料交換 公式
フレールのロゴ 不要 内部に外気が入らない構造のため不要
「エアレス給水」
公式
富士青龍水のロゴ 不要 内部に外気が入らないため不要 公式
クリティア(金城のお水)のロゴ 不要 内部は基本的には不要
※ セルフで行いたい方向けにセルフクリーニングキット有
公式
エフィールウォーターのロゴ 月額756 円 1年に1度メンテナンス済みサーバーと交換 公式
アクアマジック1Way(沖縄の夢物語)のロゴ 無料 冷水タンクに抗菌カートリッジを使用
※カートリッジは1年に1度無料交換
公式
フレシャス木曽のロゴ 不要 内部は「セルフクリーン機能」搭載により不要 公式
日田天領水のロゴ 不要 バックインボックスタイプのため不要 公式
クリクラミオのロゴ 無料 1年に1度パーツの交換・洗浄・点検を実施 公式
アクアセレクトライフのロゴ 5,400 円 サーバーの交換 ※ 交換時期は自由 公式
アクアクララのロゴ 無料 1年に1度パーツの交換・洗浄・点検を実施 公式
ハワイウォーターのロゴ 無料 2年に1度サーバーを無料交換 公式
アルピナウォーターのロゴ 無料 2年に1度サーバーを無料交換 公式
ワンウェイウォーター(プラスプレミアム)のロゴ 不要 内部はクリーンエアシステムにより不要 公式
富士の湧水のロゴ 不要 内部は週に1度温循環機能により自動洗浄 公式
クリクラのロゴ 5,400 円 1年に1度サーバーを交換 公式

外部のメンテナンス

外部のメンテナンスは、サーバーの種類ごとで手入れの仕方が変わってくるので、サーバーに付属されている取扱説明書で確認する必要があります。セルフメンテナンスは任意ではありますが、水まわりは雑菌が繁殖しやすいので、定期的に殺菌洗浄は行うようにしたほうがいいと思います。

ボトル周り

ボトル周りは、どうしても外気に触れるので雑菌が繁殖しやすい部分です。清潔なふきんやキッチンペーパーなどで乾拭きするだけでもいいですが、仕上げに除菌用のアルコールスプレーなどで軽く拭き取るなどボトル交換のタイミングに合わせて水の差し込み口を清掃したほうがよいでしょう。

蛇口部分

蛇口部分は、水が出てくる部分なので念入りに掃除した方が良いです。蛇口の外側は、ふきんやキッチンペーパーを少し湿らせてまずは汚れをきれいに落とし、アルコールスプレーなどを使って乾拭きすればよいでしょう。蛇口の内側は、清潔な綿棒などを使って汚れを取ると清潔を保てます。

受け皿部分

受け皿部分は、水と共にホコリなども溜まりやすく、放っておくと不衛生な状態になります。簡単に取り外しが可能であればスポンジ等を使って台所用中性洗剤で洗うこともできます。

メンテナンスに関連するコンテンツ

おすすめウォーターサーバー5社

ウォーターサーバー比較表

厳選したウォーターサーバーについて、水の種類や特長だけでなく、こだわり条件(女性にやさしい、赤ちゃんでも安全、放射能検査済みなど)から絞り込んで比較ができるウォーターサーバー比較表をご用意しています。利用環境やニーズに合ったウォーターサーバー選びにお役立てください。

ウォーターサーバー比較表