スポーツのパフォーマンスを向上してくれる水素水

ここでは、スポーツや運動におけるパフォーマンスや筋疲労と水素水の関係などについてご案内しています。

トップアスリートも取り入れる水素の効果

最先端のスポーツ科学において水素の効果はもはや当たり前で、オリンピック選手やトップアスリートの多くは水素を取り入れながらトレーニングを行っています。筑波大学に研究では、スポーツ選手に水素水を飲んでもらった場合と普通の水を飲んだ場合では、前者は乳酸が溜まりにくく筋肉疲労も低減、その結果、運動パフォーマンスが向上したという報告がされています。

主なアスリート愛用家

記憶に新しいところでは、第二回WBCのときにイチロー選手(プロ野球・メジャーリーガー)が体調管理を目的に水素水を愛用しているというのが有名ですが、その他にも、クルム伊達選手(テニス)、宮崎大輔選手(ハンドボール)、石井慧選手(総合格闘家)、大竹七未選手(元女子サッカー)などのアスリートが水素水を利用しているとされています。

筑波大学研究チームの成果レポート

筑波大学の研究チームは、現役サッカー選手10人を対象に試合前に水素水を飲んだ場合の筋肉疲労などについて血液検査などの臨床試験を行いましたので、その結果についてまとめています。

出展:筑波大学の研究チームの論文(2012年07月12日発表)

検証方法と摂取方法

検証は、普通の水(プラセボ水)と水素水を1週間の洗浄期間を設けた異なる期間で同じ選手に飲んでもらい、パフォーマンステストを行うというものです。試合前日の22時に500ml、当日午前5時(試合の約90分前)に500ml、試合開始直前の午前6時20分(試合の約10分前)に500ml、合計1,500mlの水素水(水素濃度は約1.0ppm)を飲んでもらい、午前6時30分からいよいよ実験開始です。

筋肉疲労が軽減しパフォーマンスが向上

筑波大学の研究チームは、現役サッカー選手10人を対象に試合前に水素水を飲んだ場合の筋肉疲労などについて血液検査などの臨床試験を行いましたので、その結果についてまとめています。

水素水を飲むことで筋肉疲労が軽減しパフォーマンスが向上
  • lactate=乳酸、PT=Changes in peak torque、MDF=Changes in median frequency、MPF=Changes in mean power frequency
  • PW=placebo water(普通の水)、HW=hydrogen-rich(水素水)

つまり、スポーツをする前に水素水で水分補給をすると筋肉疲労が軽減され、疲れからくる運動パフォーマンスの低下が抑えら、疲れにくく持久力も向上したのです。水素水は、運動やスポーツパフォーマンスを向上する効果的な飲用水となります。

運動時の飲み方

運動する際に水素水を飲む場合は、少しずつではなく200ml以上を1回で飲むことをおすすめします。一気に飲むことで遺伝子のスイッチが切り替わり、脂肪を燃やす酵素が体内に放出され、エネルギー代謝を活発にするホルモンも分泌されると言われています。

ウォーキングやジョギングにもおすすめの水素水

激しい運動をしない方、軽い運動やスポーツをするにも水素水はおすすめです。有酸素運動をする前に水素水を飲むことで効率的に脂肪が燃焼しパフォーマンスは上がります。