太陽光発電の買取価格
今後の予定単価と10年後の売電価格予測

10年後、20年後の太陽光発電の売電価格について、30秒で要点説明

FIT制度で定める期間を過ぎると規制が取れ、電力会社や新電力などの電気事業者は電力を買わなくてはいけないという義務がなくなります。とはいえ、せっかく発電したエコな電力を無駄にするようなことはあってはならないので、電力会社が単価を下げて買い取りを続けるのが通常です。価格の目安としては電力の卸売市場で取引されている7〜11.5円/kWh程度です。新電力とも呼ばれる新入の電力会社では、電力購入の契約に付随して1〜2円程度多く買い取ってくれる場合もあります。

買い取り期間終了後はもちろんですが、今後は買取期間内でも自家消費をする方がお得な状況が増えてきます。設置容量や電力消費のあり方を見直すことで、太陽光発電はよりエコで経済的な投資になり得ます。

固定価格買取制度の期間が終わる10年後・20年後の買取制度

10kW未満は10年、10kW以上は20年と買い取り期間が決まっている再エネのFIT制度ですが、実際の稼働年数(耐用年数)は30年ともそれ以上とも言われる太陽光パネルですが、特に売電価格が年々下がっていることもあり売電制度後の収入見込みについて少しでも目星が立つと安心です。

固定価格買取制度上の認識は?

政府は「再生可能エネルギーの普及」を掲げており固定価格買取制度はその助成策の一つ。この制度では例えば住宅用なら 「10年以内で初期投資を回収できること」を基準として買取価格を設定していますが、裏を返せば目安の初期投資回収期間である10年を過ぎたら、 その買取方法については制度の管轄外となります。経済産業省資源エネルギー庁のサイトには

「買取期間が終了したあとの買取条件は、国による価格の規制が終了しますので、発電事業者と電気事業者との合意により買取価格を決めていただくことになります」

と記載されています。つまり、買取自体は続きますが、市場に合わせて価格が変わると考えられます。

私の太陽光で作った電力、いくらになるの?

地域によって7〜9円の間で購入が基本

全国で一律の固定価格が設定された10年目までと違い、11年目からは地域や電力会社によって売電価格が変わります。

太陽光発電は天候や時間によって出力が変わります。この変動に備えるために、電力会社では他の設備の出力制御といった対応を行わなければいけません。基本的には電力需要に対して太陽光発電からくる電力が多ければ多いほどこの電力調整が難しくなり、太陽光発電の購入価格はこの電力需要とのバランスによって上下します。具体的には2022年の時点で、太陽光発電が需要を上回る時間も出てくるほど設置が進んだ九州では7円(九州電力)、地域の電力需要に比べて太陽光発電の設置容量がまだ多くない東北地方では9円(東北電力)の買取単価が設定されています。

プラン選択や新電力に乗り換えで売電単価は1〜2円程度増やせる

2016年には電力自由化が始まりました。これまでは東京であれば東京電力から電気を買い、太陽光からの電力も東京電力に契約して売るのが基本でしたが、2016年以降は複数の電力会社から選べるようになっています。資源エネルギー庁のページでは都道府県ごとにどの電力会社が売電事業を行なっているかが確認できます。

顧客獲得の作戦として新電力では電力購入の契約と引き換えに太陽光発電からの電力を1〜2円高く買い取るようにしている会社が多くなっています。既存の電力会社でもこうした競争に対応するため、電力プランを切り替えることで高めの単価で買い取ってくれるようなサービスをしている会社が多いです。

太陽光発電の電力が高く売れても、電気代が上がってしまっては元も子もないので、電力会社の乗り換えの際は売電価格と一緒に、購入電気の契約内容も確認するのがおすすめです。

買い取り価格8円でどれくらい収益が出る?

太陽光発電費用対効果シミュレーションのページでは、屋根面積、メーカー、現在の電気代のよってどれくらい太陽光発電からの収益が見込めるのかシミュレーション計算ができるようになっています。このシミュレーションでは11年目からの売電単価が8円になった場合、どれくらいお得なのから詳しくご確認いただけます。

現在の売電単価は電力の購入価格よりも低く、11年以降はその差がさらに開くため、電気を自家消費できればできるほどお得になります。

10年後はEVなどの導入でさらにエコでお得な生活に

10年目以降の自家消費率を上げるためには電気自動車や蓄電池を導入する方法が有望視されています。EVや蓄電池はまだ市場が活性化されていないものの、10年後は太陽光発電設置家庭を中心に市場も盛り上がってくることが考えられます。市場も成熟してきた太陽光発電は、こうした未来のエコでお得な生活の実現のために、ぜひ今のうちに取り入れたい機器だと言えます。

住宅用で信頼できる施工会社を探す

太陽光発電のメーカー選びで欠かせないのがいい施工店との出会い。実際に設置するとなると制約の多い住宅屋根は選べるメーカーが案外少ないなんてこともあり、限られた選択肢から最適解を見出すにはメーカーと購入者をつなぐ施工店が重要な役割を果たします。施工店選びには一括見積サービスを利用される方がほとんどですが、ここでは当サイトがおすすめする見積もりサイトとその特徴をご案内します。

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイトを厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。太陽光発電は安い買い物ではないため、納得がいくまでいくつかのサービスを併用する方も少なくありません。いずれのサービスも無料で利用できます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリエネグリエネ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のAmazonギフトカードプレゼントキャンペーンも実施中です!


厳選施工店から選びたい

ソーラーパートナーズ ソーラーパートナーズ

太陽光発電の施工業者の中には、販売のみを行い、施工は別会社に下請けさせるといった業態を取る場合があります。このような運営方法は各部門での専門性を高められるといった点で効率が良いと考えられる一方で、実際の施工業者の顔が見えにくのは欠点とも言えます。ソーラーパートナーズではこういった販売店経由の施工店の紹介はしないというところに、他の一括見積もりサイトと違いをつけています。
実際に価格が安くなるのかどうかは場合にもよると考えられますが、紹介される施工店がどれくらい違うのか、相見積もりをしてみるのもいいかもしれません。


顧客満足度98%!とりあえずならこのサイト

タイナビ

利用者実績は100万人以上、これだけの顧客がいながら満足度98%を保持するサイトは、コマーシャルなどでも見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

敷居の低さが人気で、図面のみでの見積もりも可能(訪問が無い)なので気軽です。

産業用で信頼できる施工会社を探す

施工店によって産業用の依頼を受けるかどうかの方針が大きく異なり、専用の一括見積サービス無しでニーズに合った施工店を見つけるのは意外に大変な作業です。以下に当サイトおすすめの産業用に特化した一括見積サービスとその特徴をご案内します。

グリエネ・産業用

価格コムとも連携している一括見積サイト大手。専門のカスタマーサポートによる丁寧なヒアリングでニーズに合った施工店を探してくれます。高い買い物なだけに、確実な施工店に頼みたいところ。見積もり後はその施工店に対するユーザーの評価をサイトで確認できるため、施工店主導にならず自分自身で判断を下せる点も魅力です。

タイアップ企画として当サイトからお見積りされたお客様全員にもれなく1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼント中


タイナビネクスト

露出も高く、利用者数も多いサイトです。登録施工店147社(2013年5月現在)の名前が閲覧できます。