リウマチへの効果

「慢性関節リウマチ」の患者数は近年増加の一途を辿っていて、しかも若年層の患者が増えてきています。ここでは水素水の慢性関節リウマチ効果や関係についてご案内しています。

慢性関節リウマチとは

リウマチは自己免疫疾患の病気の1つで膠原病(こうげんびょう)の一種とする医師も多いのですが、直接的な原因についてはウイルス説や遺伝など諸説あり、ハッキリと1つに統一されたものはまだありません。ただ発症するきっかけはストレスによるところが大変大きく、そのストレスは精神的なものだけでなく気候などの外的なものも含まれ、もともとストレス耐性の低い人が発症しやすいという特長があります。

現在の西洋医学の治療では発症初期の段階で生物学製剤などを使うと比較的治りやすいのですが、発病後の期間が長くなればなるほど根治は難しくなり、また合併症なども出やすくなるという怖い病気でもあります。しかし、血液検査によるリウマチの診断は初期ではつきにくいことも多く、ハッキリとした診断がつく頃にはもう有効な薬が使えなくなっていたり、そもそもの治療薬もかなり高額な為、患者の誰でもがそれを使うのも難しいのが現状です。

薬での治療を受けながら自然療法などを行っている人は多く、それによって高い効果を上げている人もたくさんいます。

水素水が慢性関節リウマチに効果的

リウマチに有効と言われている自然療法は種々ありますが、特に最近高い注目を浴びるようになってきたのが水素水です。水素水は主に飲料とお風呂などの皮膚からの摂取方法があります。

リウマチの症状の多くは関節の痛みと腫れですが、細胞疲労というのも顕著で、健康体に比べて同じ動作をしても3倍疲労するとも言われています。このため筋肉痛なども起こりやすく関節と筋肉両面から身体をむしばんでいき、各細胞の老化を大きく進めます。

水素水の効果はたくさんありますが、なんといっても抗酸化作用と疲労回復力の高さでしょう。リウマチ患者の体内ではその2つが一番必要なものともいえるかもしれません。それが補われるだけでも随分と身体は楽になりますし、それが自律神経の崩れを戻して症状を回復させるためにも大きな助けとなりえます。

水素水のリウマチに関する学術文献

水素と健康に関する学術論文は世界中で非常に多く発表されていますが、関節リウマチについての研究結果も発表されています。

  • 【学術雑誌名】Med. Gas Res.2012, 2:27
  • 【表題】高濃度分子水素含有水投与によりリューマチ患者の酸化ストレスと疾患活動性が減少する。
  • 【著者】T. Ishibashi et al(原土井病院、福岡)
  • 【概要】リウマチは骨・軟骨の破壊する慢性炎症疾患である。この疾患の病因は不明であるが、活性酸素の一種であるヒドロキシルラジカルが関与していることが示唆されている。そこで、超高濃度の水素水がリウマチの酸化ストレスを軽減して、従来の関節リウマチ治療法を補完するのではないかと仮定し、研究を行った。関節リウマチ患者20人に、毎日530mLの水素水(4~5ppm)を4週間継続して飲用してもらい、4週間の中断の後、更に4週間、同様な水素水を飲用させ病態活動性を測定した結果、高濃度水素水飲水によって体内水素は飽和濃度である1.6ppmを超え、最初の4週間摂取で尿中の8-OHdGおよび血清中CRPは有意に減少した。次の4週間摂取ではCRPはさらに減少したが8-OHdGは更なる減少はなかったが基準値以下の低値を維持した。発症初期(12か月以内)の5人の患者では明らかな改善が認められ、そのうちの4人は試験終了時には完全に症状が無くなった。
    ヒドロキシルラジカル基消去作用を持つ高濃度水素水はRA患者の酸化ストレスを抑制し、その症状を改善した。