痛風への効果

現在日本では60万人から70万人の人が痛風で悩んでいると言われていて、その予備軍になると650万人程度いるとされていてます。ここでは水素水の痛風への効果や関係についてご案内しています。

痛風とは

痛風の原因は体内の尿酸の量が増えることで発症します。尿酸は、代謝によって新しい細胞に作り変えられることで、古い細胞のプリン体が肝臓で分解され生成されます。通常は尿酸は体内で出来た分は体外へ排出されますが、尿酸が増えすぎると体外への排出量と体内の尿酸の量のバランスが崩れて尿酸が堪ってきます。

尿酸が堪ってくると結晶となって関節に付着してそれが体の痛みになります。痛風になるまでは時間がかかると言われていて、尿酸値が高い期間が8年程度過ぎると発症するとされています。

水素水が痛風の予防に効果的な理由

痛風の予防は、尿酸値を下げることが必要です。対策として一番大切なのは通常の食事を気を付けることですが、全ての食材を避けることは出来ません。そこで適切な量を摂取したり茹でて食べる、お酒を飲む量も注意するなどの対策をすることで、原因の一つでもあるプリン体の摂取量が減ります。また、血液をサラサラにすること、活性酸素を除去することも効果があります。痛風の方は通常の人よりも活性酸素を作りやすい体質なので、活性酸素の悪い影響を受けやすくなっています。水素水を飲むことで直接的な痛風への効果があるかは理論的に証明された根拠がありませんが、抗酸化力のある水素水を飲むことで血流の循環が良くなること、尿酸が結晶化するときや体の中で痛風が生まれるのを助けている活性酸素を除去することで痛風への予防へと繋がります。