不妊治療への効果

現代は平均初婚年齢が上がっているので、30歳を過ぎてからお子様を望んでいる夫婦が増えており、結婚後一年を過ぎてもなかなか赤ちゃんが授からず、悩んでいる人が大勢います。ここでは、不妊の原因と不妊治療に効果が期待できる水素水についてご案内しています。

不妊の原因とは

不妊の原因は、もともとの体質が原因の場合もありますが、加齢による子宮や卵巣の機能が低下したり、卵子の質が低下、生理不順が挙げられます。そのほかには性感染症もありますが、これについては産婦人科で適切な治療が必要です。

子宮や卵巣の機能低下や胎盤の老化や生理不順は、活性酸素の増加が大きく影響しています。活性酸素は細胞を錆び付かせる原因になってしまい、生殖機能の低下の原因になっています。不妊は女性側に問題があるケースが多いですが、男性の精子の運動率が悪かったり、精子の量が少ないと、受精が出来ないといった男性側の原因もあります。

不妊治療に水素水が効果的な理由

不妊で悩んでいる人は、まず基礎体温をきちんと測定して排卵日を特定し、病院やクリニックで診察や検査を受けましょう。生殖機能が低下したり、疾患がある場合は治療を行いますが、特に体に異常が見られない場合も多いので、普段から妊娠しやすい体作りを始めることが必要です。特に不妊の原因である活性酸素を抑制することは、非常に効果的と言われています。水素水は、優れた抗酸化作用があり、活性酸素の発生を抑える働きがあります。現代は精神的なストレスが原因で活性酸素が増加し、自律神経の働きが乱れて、生理不順に悩んでいる人が増えていますが、水素水を飲むことで、卵子の質を向上させたり、卵巣や子宮などの生殖機能を向上させる効果が期待できます。

さらには、食事から摂取する老化を防ぐ抗酸化物質が十分に届かず臓器の中でも老化が早いと言われている卵巣には、宇宙一小さな分子で優れた拡散性のある水素が浸透し卵子にまで作用することが期待できます。

水素水自体には妊娠を促す効果はありませんが、活性酸素を抑える不妊治療として子宮や卵巣の機能低下や卵子劣化を遅らせる効果が期待できるということです。現在では、水素水や水素風呂への入浴を取り入れている病院やクリニックも存在しています。水素水には副作用がないのでいくら飲んでも害はありません。不妊だけではなく美容や健康にも効果を発揮するので日常生活の水分補給に取り入れることをおすすめします。