パーキンソン病を改善する効果

「パーキンソン病」は、人口10万人あたり100人~150人が発症していると推定され、日本全体で10万人以上の患者がいるとされ、更に高齢化社会が進む事で患者が増加するとされています。ここでは水素水のパーキンソン病への効果や関係についてご案内しています。

パーキンソン病とは

パーキンソ病は、40歳以下で発症する若年性もありますが、高齢になるほど発病率が高く、50歳〜65歳での発病率が最も高くなっています。

症状としては、主に安静時の振戦(筋肉の収縮と弛緩が繰り返されたときに起こるリズミカルなふるえ)や四肢や関節が固くなるまたは柔軟性がなくなる筋強剛、姿勢反射障害などの運動症状ですが、自律神経症状や精神症状などの非運動症状を発症する場合もあります。パーキンソン病は、大脳基底核に接続している中脳黒質のドーパミン神経細胞に、神経細胞が変性や脱落し異常変化したα-シヌクレインで構成されるレビー小体と呼ばれる細胞内封入体が蓄積することで、ドーパミンが減少し発病すると考えられている神経変性疾患です。

パーキンソン病の治療には、基本治療薬L-ドーパ製剤やパーロデルとペルマックスなどといった8種類のドーパミンアゴニストによる薬物療法、外科的手術療法、運動療法が行われています。また、現在では強力な抗酸化力を有し脳関門を難無く通過出来る水素は、パーキンソン病の治療及び予防に有効とされています。

水素水がパーキンソン病の治療や予防に効果的な理由

水素水は、2007年以降さまざまな癌やアルツハイマー型認知症、パーキンソン病などの治療への応用が、世界中の医療機関や研究機関で研究されています。パーキンソン病は、脳の神経細胞の変性や脱落が原因とされ、脳の神経細胞の変性や脱落は過度なストレスや激しい運動、紫外線、病原菌、ウイルス、大気汚染などから発生する活性酸素が原因とも考えられ、活性酸素を除去・抑制する水素水はパーキンソン病に有効とされています。

水素水によるパーキンソン病への効果に関する学術文献

パーキンソン病への水素の効果に関しては多くの研究結果が発表されています。

  • 【学術雑誌名】PLoS one, September 2009, vol.4, issue 9, e7247
  • 【表題】飲水中の水素は1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridineで発症したパーキンソン病のモデルマウスにおいてドーパミン神経消失を減少する。
  • 【著者】Kyota Fujita et al(九州大学薬学大学院他)
  • 【概要】分子水素(H2)には酸化ストレス抑制作用を介して脳神経障害を軽減する作用が知られてきた。パーキンソン病を発症させたマウスに水素水を与えその効果を検討。その結果、水素水投与により、MTPT処置によって起こるドーパミン神経の減少は有意に減少した。その抑制効果は飽和水素水(濃度1.5ppm)と同程度に0.08ppmの低濃度水素水でも認められた。H2-含有水の作用は低濃度でも有効であり、脳神経における抗酸化作用によるものである。 これらの結果は生活習慣による酸化ストレスによって起こるパーキンソン病のような神経変性疾患の予防或いはリスクの軽減に有効であることを示している。
  • 【学術雑誌名】Neuroscience Letter, Vol.. 453, issue 2, April 2009, page 81-85
  • 【表題】分子状水素は6-ハイドロキシドーパミンで誘導したラットのパーキンソン病モデルにおいて黒質線条体変性を防護する。
  • 【著者】Yuan Fu et al(名古屋大学、岐阜国際バイオテクノロジー研究所、中部大学、名古屋中央病院、日本医科大学)
  • 【概要】ミトコンドリアの機能障害と酸化ストレスによりドーパミン神経の消失が主因であるパーキンソン病を発症したラットに約50%飽和の水素水を含む水を飲水させてステレオタクチック手術前後の水素水の効果を検討した結果、水素水は身体挙動を改善し、さらに黒質線条体の発達・促進、ドーパミン神経細胞の消失を阻害する事が明らかになり、パーキンソン病の発症と悪化を軽減する可能性があることがわかった。

順天堂大学が実施したパーキンソン病患者への臨床試験

順天堂大学は、2010年~2011年にかけてパーキンソン病患者に水素水を飲用してもらう臨床試験を実施しています。

  • 【実施人数】パーキンソン病患者男女18人
  • 【患者の年齢】53歳~72歳
  • 【試験方法】対象者の半数9人には水素水、残りの9人には純水を飲用してもらう
  • 【試験期間】48週

臨床試験の結果、水素濃度1.6ppmの水素水を1日1ℓ飲用した対象者の9人中6人にパーキンソン病の症状の改善が見られています。