水素水が二日酔い防止に効果的

ついお酒を飲みすぎてしまった後に待ち構えている二日酔い。吐き気や頭痛、だるさなど命に関わる症状ではありませんが不快です。二日酔いには活性酸素が深く関係していて、水素水が二日酔いの予防に効果的ということがわかっています。

二日酔いの原因

人はお酒を飲むと、胃と小腸の消化器官でアルコールを吸収し、肝臓でアルコールの分解をはじめます。このアルコール分解過程で、肝臓は酵素などの働きによりアセトアルデヒドに分解されたのち、さらに酢酸へ分解されます。無害である酢酸は、血液によって全身に運ばれ、筋肉や細胞間で水と二酸化炭素に分解され体外に排出されます。

二日酔いは、お酒を沢山飲みすぎて体内でアルコール分解が追いつかなくなり、アセトアルデヒドを分解しきれず、体内にアルコールが残ってしまっている状態です。二日酔いで生じる吐き気や頭痛は、毒性の強いアセトアルデヒドが原因とされています。

水素水がもたらす二日酔い防止効果

水素に期待される効果は、体内で発生した悪玉活性酸素を除去・抑制してくれることです。

  • アルコールを摂取したときの活性酸素は、アルコール分解過程で発生します。
  • ・アセトアルデヒの有毒性に反応し活性酸素が発生
  • ・酢酸の分解過程で、細胞内のミトコンドリアが活性酸素を生成

水素はアセトアルデヒドに反応した活性酸素を除去し、ミトコンドリア内に発生した活性酸素を除去することで、アルコール分解の効率を向上させ、二日酔いになりにくくなります。また、肝臓以外の体内の活性酸素も取り除くため、体の疲れも軽減する疲労回復効果も期待できます。

二日酔いを防ぐ効果的な水素水の飲み方

アルコールを飲む前や飲んでいるときに一緒に水素水を摂ることが効果が高いと言われています。また、焼酎やウイスキーの水割りに水素水を使うと、お酒の味を邪魔することなく悪酔いを防ぎます。寝る前に水素水を飲むことで就寝中に効率よくアルコールの分解を助けてくれます。