歯周病への効果

知らないうちに進行している歯周病は、適切な治療を行うことで進行を抑えることができますが、活性酸素を除去・抑制する水素水も効果的と言われています。ここでは、歯周病のメカニズムと水素水が歯周病予防に効果的な理由をご案内しています。

歯周病とは

歯周病は歯と歯茎の間の隙間(歯周ポケット)に入り込んだ食べカスや歯垢にばい菌が繁殖て炎症が起こる病気です。歯周ポケットに入り込んだばい菌の塊(プラーク)は歯と骨を結びつけている歯根膜に入り込み、少しずつ浸食して顎の骨を溶かしていきます。歯を支えている骨が溶かされて歯を支えることができなくなると歯が抜けてしまいます。炎症の原因が取り除かれると骨はある程度回復しますが、一度失われてしまった歯根膜細胞は二度と再生しません。そのため一度歯周病にかかってしまうと元の状態に完治させることが困難で、病気の進行を抑える事ぐらいしか治療手段がありません。

歯周病が進行するメカニズムですが、最初に歯周ポケットの奥に入り込んだ細菌に対して体の免疫細胞が防御反応を示して炎症を起こします。免疫細胞が外敵である細菌と戦う武器は活性酸素です。活性酸素によって外敵である細菌を殺すことができますが、同時に自分自身の細胞も破壊されてしまいます。歯根膜や骨が浸食される原因は、炎症で過剰に分泌された活性酸素なのです。最近の研究では免疫細胞が炎症を起こすことによって、過剰に分泌された活性酸素は歯を支えている歯根膜細胞や骨が溶かす作用があることが明らかになっています。

水素水が歯周病に効果的

水素水の活性酸素除去効果に着目した岡山大学の研究グループが2012年にラットに水素水と蒸留水を与えて歯周病の進行について比較した結果、水素水を与えた方のグループは歯周病の進行が遅くなっていました。水素水には歯周病の進行を遅らせる効果があることが明らかになったのです。水素水を摂取しても歯周病そのものが治ることはありませんが、病気の進行を阻止することはできます。歯周病を防ぐためには毎日の歯磨きで歯周ポケットに入り込んだ歯垢をきちんと落とすことが必須ですが、水素水を摂取することで活性酸素を除去することで炎症を抑制して、歯を支えている歯根膜や骨が溶かされるのを防ぐ効果が期待できるのです。

水素水の歯周病に関する学術文献

水素と健康に関する学術論文は世界中で非常に多く発表されていますが、歯周病についての研究結果も発表されています。

  • 【学術雑誌名】J. Clin. Periodontol. 2011 Dec;38(12)1085-90. doi: 10.1111/j. 1600-051X.2011.01801.x. Epub 2011 Oct 9.
  • 【表題】水素豊富水はラットの歯周炎モデル実験において改善効果を示す。
  • 【著者】K. Kasuyama et al.(岡山大医歯薬)
  • 【概要】水素分子は活性酸素種(ROS)消去作用があることからラットの歯周炎モデルを用いて、ラットの上顎臼歯の周りに結紮糸を4週間置いて歯周炎を誘導し、そのラットに水素豊富水を含む純水と対照として水素を含まない純水を飲ませて水素の効果を検討した。
    歯周炎ラットに純水(水素を含まない)を飲ませると経時的に血清中の活性酸素種(ROS)が上昇し、多形核白血球の浸潤、歯槽骨の減少が4週間で観察された。一方、水素豊富水摂取によって血清中の活性酸素種(ROS)上昇が阻害され、歯周炎組織中の8-OHdG(ROSの作用によって産生する)及びニトロチロシンの産生が軽減された。その結果、発症に伴う多形核白血球の浸潤、破骨細胞の分化が抑制された。さらに、マイトゼン(分裂促進因子)で活性化されるたんぱく質リン酸化酵素のような炎症反応の情報伝達系が水素豊富水によって軽減された。これらの結果から水素豊富水の投与によって歯肉の酸化ストレスが軽減され歯周病の進行が抑制される事が強く示唆された。