がん予防効果

「癌(がん)」は、日本人の死因の3割を占めます。近年では早期発見の重要性が広まり、癌は治らないというイメージがなくなってきているものの、発症した場合には死を覚悟しなければならないイメージもまだあります。ここでは癌の水素水の効果や関係についてご案内しています。

癌(がん)とは

【がん】:生体にできる悪性腫瘍と肉腫の総称。なんらかの原因で臓器などの細胞が無制限に増殖するようになり、周囲の組織を侵し、他へも転移して障害をもたらし、放置すれば生命をも奪うまでに増殖する病気。

なぜ癌ができるのか

癌は遺伝によるものと言われることがありますが、遺伝性のがんの発生数は少なく、遺伝による癌の発生率は1%未満と言われています。癌発症のメカニズムは完全に解明されているわけではありませんが、ストレスやお酒、タバコなどにより増加した活性酸素の影響で発症することが多くあります。
癌細胞の発生は、活性酸素が細胞に攻撃し、細胞内の遺伝子がキズついたことが原因だと考えられ、ダメージを受けた遺伝子が異常な細胞分裂を起こし増殖が進みます。

水素水が癌の予防に効果的

水素水の一番の効果は、水素の並外れた抗酸化力です。
生活習慣の乱れから活性酸素が増加し細胞内の遺伝子にダメージを与えることが原因となる癌には、水素水の活性酸素の除去・抑制する働きががん予防に効果的と考えられます。

水素水のがん予防に関する学術文献

いずれの研究も細胞レベルの実験で、癌細胞の進行を抑制したという結果を発表しています。

  • 【学術雑誌名】Exp. Oncology, 2009, 31, p156-162
  • 【表題】水素水を補充した白金ナノコロイドは、ヒト舌癌(ガン)細胞の増殖を阻害するが、正常細胞には作用しない。
  • 【著者】Y. Saitoh(広島県立大)
  • 【概要】水素水は、白金コロイドの抗酸化ストレス作用を増強するとともに、白金コロイドとの併用により、HSC-4細胞のコロニー形成とサイズの増加を抑制したが、同系の正常細胞DOKには作用しなかった。がん細胞に対しては、コンフルエント(高濃度細胞状)での細胞数と、ミトコンドリア機能を低下させた。水素水を含ませた抗酸化力を持つ白金ナノコロイドは、癌促進作用の抑制を介して、抗がん剤としての可能性が期待される。
  • 【学術雑誌名】Peer J.3:e859; Doi 16,7717/ Peer J.
  • 【表題】水素水は大腸がんに対する抗がん剤5-フルオロウラシルの作用を増強する。
  • 【著者】J. Runtuwene et al(鹿児島大他)
  • 【概要】大腸がん細胞を用いて水素水との併用により抗がん剤のがん増殖抑制作用への効果を試験管内および動物試験レベルで検討した結果、癌細胞生存率の減少、抗がん作用が認められ、水素水は抗がん剤の作用を増強することが明らかになった。

癌の治療にも水素水の効果が発揮する

水素水は癌の治療にも高い効果を発揮してくれます。現在の癌治療には、手術、放射線、抗がん剤の治療が一般的です。抗がん剤治療や放射線治療においては、副作用が伴うことが多くあります。水素水ががん治療にも効果があるのは、この副作用も活性酸素が原因だからです。
抗がん剤が体内に入ると大量の活性酸素を生み出し腎臓機能に大きなダメージを与えてしまいます。そこに水素水を摂取することで腎機能への負担を軽減できるという報告がされています。
放射線治療でも、体内の水分と放射線が反応し大量の活性酸素が発生し、正常な細胞を傷つけ体力を奪っていきます。この副作用も水素水の摂取で軽減されることが判っています。

水素水には癌そのものに予防効果があるとともに、癌治療に生じる副作用もにも効果を発揮します。また、癌治療だけでなく生活習慣病の予防にも有効なので、普段の生活に水素水を取り入れることをおすすめします。

がんを防ぐための新12か条

2011年に「国立がん研究センターがん予防・検診研究センター」がまとめ、「がん研究振興財団」から【がんを防ぐための新12か条】が公開されています。これは、現状で推奨できる科学的根拠に基づいた日本人のためのがん予防法です。

  1. たばこは吸わない
  2. 他人のたばこの煙をできるだけ避ける
  3. お酒はほどほどに
  4. バランスのとれた食生活を
  5. 塩辛い食品は控えめに
  6. 野菜や果物は不足にならないように
  7. 適度に運動
  8. 適切な体重維持
  9. ウイルスや細菌の感染予防と治療
  10. 定期的ながん検診
  11. 身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
  12. 正しいがん情報でがんを知ることから