蓄電池のデメリットとは?

蓄電池はコストが高い

スマートグリッド社会、よりエコ社会や生活を試みる方にとって、蓄電池は将来的になくてはならない存在となるでしょう。特に太陽光発電といった再生可能エネルギーとの併用で、さらにその環境貢献度は上げる事ができます。また災害対策の面でどう縫うをお考えの方もいらっしゃるかと思います。そうしたメリットの反面、蓄電池はまだまだコスト面で改善すべき点があるのが現状です。

実際どれくらいかかるの?

中型以上の蓄電池というと車のバッテリーに代表される鉛蓄電池が主要製品で、家庭用にも多くの製品が売り出されています。これらは蓄電池の中でも一番安価に購入できるため需要も大きいですが、最近ではより小型で、寿命も長く、エネルギー密度も高いリチウムイオン二次電池が注目されています

鉛蓄電池と比べてリチウムイオン二次電池(蓄電池)の方が初期費用はかかりますが、使用回数などを考慮すればすでにコストパフォーマンスで上回っていると考えられます。安くて1kWhあたり85,000円程度で購入できる商品も出てきています。

モトが取れる使い方はあるの?

太陽光発電との組み合わせでお得になる」という理由で蓄電池を推奨する場面を多く認められます。しかし、実際家庭用蓄電池の多くはダブル発電に相当する機器になり売電収入が逆に減ってしまう場合も大いにあり得ます。その場合は、ダブル発電の適用にならないで済む種類の蓄電池を利用することで、太陽光発電の売電単価を下げることなく、逆に売電量を増やすことも可能です。その是非についてはひとつの議論の的となっていますが(電気ロンダリングの項を参照)、とにかくどうすれば売電額を押し上げる蓄電池の使い方ができるかについては、下記リンク先のシミュレーションをご参照ください。

これと同時に、蓄電池をできるだけ消耗させず、寿命をより長くするような使い方をすることで、さらにコスト面でのデメリットを解消していくことが可能です。

設置場所の問題

住宅用は、屋内に設置したりキャスターで移動できたりする製品も多く出てきていますが、小さな棚程度の大きさの機器が1つ増えるのは、部屋の圧迫感を増す原因となります。

マンションなどの限られたスペースに導入するには、少し勇気のいる機器かもしれません。

電気ロンダリング

蓄電池の活用で、安い夜間電力を貯めて日中に使うことで、より多くの太陽光発電での電力を売電にまわすという利用方法ができる商品が多く出ています。実際のところ、こうして売電される電気は、単価が下がるために売電収入の増加にはつながらないことが多々あります

しかしダブル発電適応をせずに夜間の9円/kWh程度の安い電力を大量に貯め、売電制度を悪用して42円/kWhで売るという行為は、「電気ロンダリング」に相当する不正行為と見なされる場合もあります。大手メーカーの家庭用、事業所用蓄電池はこのような不正はできないようなプログラムが設定されているが、ダブル発電が適用となる製品が多いですが、裏を返せば、そういったプログラムが組み込まれていない蓄電池を購入したり(実際高度なプログラム機能の無い蓄電池の方が安価に購入できるメリットもある)、電気自動車のバッテリーを使って充放電を行うといった方法もあります。

この行為を実際に不正とみなすかどうかは、今はまだグレーゾーンです。主な理由として電気ロンダリングに相当する行為を行って蓄電池を利用したとしてもモトが取れるくらいの低価格化が進んでいないことも挙げられます。

今一番お得な蓄電池は?

使用回数の多さから今一番買い得なのはリチウムイオン蓄電池です。家庭用のリチウムイオン蓄電池は、蓄電池の補助金を利用したとしても、20万円/kWh程度であれば格安という程度の価格帯が相場ですが、太陽光発電と組み合わせて格安で提供しているサービスや、製造メーカーにこだわらない場合はより安価な製品もあります。

オンリースタイル

オンリースタイルのリチウムイオン蓄電池は8.5万円/kWh~と、補助金対象製品と比べても格安!例えば同じくUPS機能のついたソニーの蓄電システム(90~150万円/kWh)と比べても価格の違いは歴然!現在手に入る蓄電池の中では一番お得だと言えます。

売電単価を下げずに利用できるメリットの他、軽量で持ち運びも可能なのでキャンプや野外での使用などでも重宝します。

蓄電池・施工業者一括見積もりサイトランキング

蓄電池は、設置する場所や環境によって金額が変わると言われ、販売店によって導入費用が異なります。ご自宅に最適な蓄電池の機種相談、蓄電池を利用した電力のシミュレーションの依頼やご相談、補助金申請の全面的なサポートなども得られる優良販売店を見つけるには、1社だけではなく複数の販売店を比較して慎重に選ぶことが重要となります。失敗しないためにも蓄電池一括見積もりをご利用ください。
ご利用はもちろん無料!価格比較にも便利です。

おすすめNO.1

優良な販売会社のみに特化した紹介サービス
グリーンエネルギーナビ

  • 最短1分で終わる無料簡単見積もり
  • 使用用途(非常用・光熱費削減・補助電源)に合わせた一括見積
  • 一般家庭用だけでなく産業用にも対応

見積申し込み後は専門のカスタマーサポートからの電話によるヒアリングで、あなたの潜在ニーズまでを把握した後にマッチングを行うため、よりあなたに合った施工店を、手軽に見つけることができます。見積もり後はサイトに掲載される各施工業者に対する消費者の生の口コミを閲覧しながら施工店の選定できるのも、メリットの一つと言えます。

おすすめNO.2

厳選した全国の実績豊富な蓄電池販売企業と提携
タイナビ

  • 簡易見積もりのほかにより正確な訪問見積もりも可能
  • 細かなニーズに答える見積申込フォーム
  • 全国初の5社から見積りをとれる

登録施工店数が350社と比較的多く、選択肢を広げられます。広告を見かけることも多く利用者実績は100万人を突破と実績の高さが評価できます。工夫を凝らした申し込みフォームの入力しやすさも、利用者に優しいサービスと言えます。