蓄電池メーカー「エリーパワー」の家庭用蓄電池

このページでは、蓄電池メーカー「エリーパワー」についてご案内しています。慶応大学の研究室から始まり、大和ハウスなども出資するエリーパワー。安全性や長寿命といった性能・特徴と、住宅用として開発された3種類の蓄電池システムについてご案内しています。

エリーパワーの住宅用蓄電池は3種類・特徴や仕様を比較

名称
(用途)
容量 出力 運転モード、太陽光発電との連携など 価格帯
常時 停電時
POWER iE 6(パワーイエ・シックス)
(住宅用定置型)
6.2kWh 3kW 2kW
  • 電気代削減のピークシフトモードと自家消費を高めるエコモード、2つの自動運転モードから選択可能
  • 太陽光発電からの充電も自動で制御
約83.5万円
POWER iE6 HYBRID(パワーイエ・シックス・ハイブリッド)
(太陽光/蓄電ハイブリッド型)
6.2kWh 5.5kW 2kW
  • ピークシフトモード、エコモードにバックアップモードも加え、3つの自動運転モードから選択可能
  • 太陽光発電からの充電も自動で制御
約83.5万円+α
POWER YIILE PLUS(パワーイレ・プラス)
(室内用バックアップ電源)
2.45kWh 1kW 1kW
  • 時間設定による自動充放電制御
  • 系統連系なしでダブル発電の申請不要
約42万円
  • 各製品の価格は補助金基準価格を反映したものです。詳しくは各製品の詳細ページをご確認ください

長寿命の使用回数はなんと12,000回

通常、使用を続けるに従って容量がどんどん減っていく性質を持っている蓄電池ですが、エリーパワーの製品に使われている電池セルは繰り返しの使用でも容量の目減りが少ないこと(=長寿命)が何よりの特徴と言えます。

例えば一日3サイクルのフル充放電(放電深度100%)で10年間、約12,000回の使用回数の場合で容量保持率は約80%となっています。

  • なお、使用期限は10年間としており、10年を超えての使用は有償での点検が必要です

無償のごあんしんサービスでシステムをアップデート

無償のごあんしんサポートはネット回線で常時サポートセンターが異常を監視してくれるサービスです。監視に加えてシステムのアップデート機能も搭載されており、系統・電力事情によってシステム内容を常に新しい状態に保つことができます。具体的には、例えば太陽光発電の出力抑制などが行われる際に、自動で抑制された発電分を自動的に蓄電する機能なども今後のアップデートにより対応できることを検討しているといいます。

利用においては自宅のネット回線が必要となります(パワーイエシリーズ)。パワーイレは通信機能を搭載しており、独立してサポートセンターとの通信ができるようになっています。

蓄電池・施工業者一括見積もりサイトランキング

蓄電池は、設置する場所や環境によって金額が変わると言われ、販売店によって導入費用が異なります。ご自宅に最適な蓄電池の機種相談、蓄電池を利用した電力のシミュレーションの依頼やご相談、補助金申請の全面的なサポートなども得られる優良販売店を見つけるには、1社だけではなく複数の販売店を比較して慎重に選ぶことが重要となります。失敗しないためにも蓄電池一括見積もりをご利用ください。
ご利用はもちろん無料!価格比較にも便利です。

おすすめNO.1

優良な販売会社のみに特化した紹介サービス
グリーンエネルギーナビ

  • 最短1分で終わる無料簡単見積もり
  • 使用用途(非常用・光熱費削減・補助電源)に合わせた一括見積
  • 一般家庭用だけでなく産業用にも対応

見積申し込み後は専門のカスタマーサポートからの電話によるヒアリングで、あなたの潜在ニーズまでを把握した後にマッチングを行うため、よりあなたに合った施工店を、手軽に見つけることができます。見積もり後はサイトに掲載される各施工業者に対する消費者の生の口コミを閲覧しながら施工店の選定できるのも、メリットの一つと言えます。

おすすめNO.2

厳選した全国の実績豊富な蓄電池販売企業と提携
タイナビ

  • 簡易見積もりのほかにより正確な訪問見積もりも可能
  • 細かなニーズに答える見積申込フォーム
  • 全国初の5社から見積りをとれる

登録施工店数が350社と比較的多く、選択肢を広げられます。広告を見かけることも多く利用者実績は100万人を突破と実績の高さが評価できます。工夫を凝らした申し込みフォームの入力しやすさも、利用者に優しいサービスと言えます。