ソーラーワールドのソーラーパネルについて

ソーラーワールドの製品・パネル仕様一覧

ここではドイツのパネルメーカーソーラーワールドのモジュール仕様一覧をご案内しています。

型番 種類 出力 効率
Sunmodule Protect series
1,675×1,001×31mm(21.2kg)
SW280 mono 単結晶 280W 16.70%
SW275 mono
SW275 mono black
275W 16.40%
SW260 poly 多結晶 260W 15.51%
SW255 poly 255W 15.21%
SW250 poly 250W 14.91%
SW245 poly 245W 14.61%
Sunmodule Plus
1,675×1,001×31mm(21.2kg)
SW285 mono 単結晶 285W 17.00%
SW280 mono 280W 16.70%
SW275 mono 275W 16.40%
SW270 mono 270W 16.10%
SW265 mono 265W 15.81%
SW260 poly 多結晶 260W 15.51%
SW255 poly 255W 15.21%
SW250 poly 250W 14.91%
Sunmodule Plus Black series
1,675×1,001×31mm(21.2kg)
SW280 mono black 単結晶 280W 16.70%
SW275 mono black 275W 16.40%
SW270 mono black 270W 16.10%
SW265 mono black 265W 15.81%
Sunmodule Plus Vario series
1,357×1,001×31mm(17.4kg)
SW200 Vario poly 多結晶 200W 14.72%

世界最長30年保証
「サンモジュールプロテクト」

パネル表面だけでなく裏面までガラス封止を施したことにより環境要因に対する耐性・強度を向上させた「Sunmodule Proctect」シリーズは、出力低下率および耐用年数が従来製品と比べて大幅に改善。それに伴い標準レベルの保証内容に比べて5年も長い30年という長期の出力保証を実現。

通常の単結晶モデルは最高280Wの出力までラインナップ、そのほかに、フレームなどを黒に統一させたブラック単結晶モジュールと、多結晶を取り扱っています。

この画期的な製品は太陽光発電のメディアSOLAR JOURNALなども協力している「ソーラーアワード」も受賞しました。

PV+Testで好成績を残した
「サンモジュールプラス」

標準モデルの「Sunmodule Plus」は出力285W/効率17%を達成したパネルの販売が決まっています。(2015年からの提供開始予定)サンモジュールプロテクトシリーズと同じく、ブラック単結晶と多結晶のそれぞれ出力の異なるパネルを数種取り扱っています。

各メーカーのモジュールの性能を比較する第三者機関のテストとしてはPhotonTestが有名ですが、近年の同テスト結果は信頼性が欠ける内容となってきています。それは中国などの新興メーカーがテスト用に特別にモジュールを製造することがあたりまえのように行われるようになってきたことが主な理由として挙げられます。

テストが行われる単年で出力を多く出せたとしても、20年、30年の事業を通した信頼性を保証できるわけではありません長期の耐久性を比較することを目的として2011年に始まったのがPV+Testで、太陽光発電関連の認証試験を多く行うテュフ・ラインランドなどによって実施されています。ソーラーワールドでは、各認証機関のテスト環境よりはるかに厳しい試験を重ねて製品の品質を保っているだけに、このPV+Testで最高評価"excellent"を受けたのもさほど驚くことでもないかもしれません。

小型サイズ「サンモジュールプラスヴァリオ」

ソーラーワールドのモジュールのサイズと重量は、基本的に1,675×1,001×31mm(21.2kg)が標準サイズに共通するスペックとなっています。他のメーカーのモジュールのサイズと比較すると住宅用として使用するには少し大きいことが分かります。

ヨーロッパ(イギリス)の住宅の太陽光パネル
image courtesy of Elliott Brown

すこし脱線しますが、ソーラーワールドの拠点でもある欧州市場では、住宅用は写真のように屋根にパネルを縦にして設置することが多いのが特徴です。三角(台形)のコーナーモジュールなどは日本の市場に特化した製品で、「屋根に沿って綺麗に並べる」といった考えは欧米ではあまりないのかもしれません。とはいうものの「より多くの容量を載せたい」というニーズ自体はあるようで、そうした場面に適したモデルとしてソーラーワールドがラインナップに加えているのが、多結晶で小型の「Sunmodule Plus Vario」です。

「Sunmodule Plus Vario」は長辺を標準より短くした1,357×1,001×31 mm(17.4kg)というスペックで、ソーラーワールドの米国向けサイトでは「通常だと(縦置き)2段しか載らないところを3段にできます」と説明がされているのですが、より小型でスリムなモジュールが当たり前の日本の住宅用市場でどれくらいニーズがあるのかは未知数です。

いいメーカーとの出会いは施工店次第

住宅用で信頼できる施工会社を探す

太陽光発電のメーカー選びで欠かせないのがいい施工店との出会い。実際に設置するとなると制約の多い住宅屋根は選べるメーカーが案外少ないなんてこともあり、限られた選択肢から最適解を見出すにはメーカーと購入者をつなぐ施工店が重要な役割を果たします。施工店選びには一括見積サービスを利用される方がほとんどですが、ここでは当サイトがおすすめする見積もりサイトとその特徴をご案内します。

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイトを厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。太陽光発電は安い買い物ではないため、納得がいくまでいくつかのサービスを併用する方も少なくありません。いずれのサービスも無料で利用できます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリエネグリエネ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のAmazonギフトカードプレゼントキャンペーンも実施中です!


厳選施工店から選びたい

ソーラーパートナーズ ソーラーパートナーズ

太陽光発電の施工業者の中には、販売のみを行い、施工は別会社に下請けさせるといった業態を取る場合があります。このような運営方法は各部門での専門性を高められるといった点で効率が良いと考えられる一方で、実際の施工業者の顔が見えにくのは欠点とも言えます。ソーラーパートナーズではこういった販売店経由の施工店の紹介はしないというところに、他の一括見積もりサイトと違いをつけています。
実際に価格が安くなるのかどうかは場合にもよると考えられますが、紹介される施工店がどれくらい違うのか、相見積もりをしてみるのもいいかもしれません。


顧客満足度98%!とりあえずならこのサイト

タイナビ

利用者実績は100万人以上、これだけの顧客がいながら満足度98%を保持するサイトは、コマーシャルなどでも見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

敷居の低さが人気で、図面のみでの見積もりも可能(訪問が無い)なので気軽です。

産業用で信頼できる施工会社を探す

施工店によって産業用の依頼を受けるかどうかの方針が大きく異なり、専用の一括見積サービス無しでニーズに合った施工店を見つけるのは意外に大変な作業です。以下に当サイトおすすめの産業用に特化した一括見積サービスとその特徴をご案内します。

グリエネ・産業用

価格コムとも連携している一括見積サイト大手。専門のカスタマーサポートによる丁寧なヒアリングでニーズに合った施工店を探してくれます。高い買い物なだけに、確実な施工店に頼みたいところ。見積もり後はその施工店に対するユーザーの評価をサイトで確認できるため、施工店主導にならず自分自身で判断を下せる点も魅力です。

タイアップ企画として当サイトからお見積りされたお客様全員にもれなく1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼント中


タイナビネクスト

露出も高く、利用者数も多いサイトです。登録施工店147社(2013年5月現在)の名前が閲覧できます。