アルミパウチ入り水素水を採水地で比較

アルミパウチ入り水素水【採水地比較表】

アルミパウチ入り水素水の採水地を比較し紹介します。アルミパウチ入りの水素水を作るのに使われている水のほとんどは天然水を使用しています。そのため、採水地により成分や硬度に違いがでてきます。

水の硬度は、以下の数値により、軟水または硬水かに分類されています。

軟水 中硬水(中程度の軟水) 硬水 非常な硬水
0~60mg/L 60以上~120mg/L 120以上~180mg/L 180mg/L以上
  • 上記は、世界保健機関 (WHO)のガイドラインに沿った水の硬度分類となります。
商品 採水地 硬度 pH 詳細
Aso水素水
Aso水素水
熊本県阿蘇市の天然水 70 7.0 詳細
公式
スパシア
スパシア
立山連峰の湧水 60 6.8

7.5
詳細
公式
クリスタル水素水
クリスタル水素水
山口県岩国市の>地下天然水 85 7.0 詳細
公式
  • 公式サイトに記載のない情報など個別に確認している場合があります。
商品 採水地 硬度 pH
Aso水素水
Aso水素水
熊本県阿蘇市の天然水 70 7.0
詳細公式
詳細公式
スパシア
スパシア
立山連峰の湧水 60 6.8

7.5
詳細公式
クリスタル水素水
クリスタル水素水
山口県岩国市の
地下天然水
85 7.0
詳細公式
  • 公式サイトに記載のない情報など個別に確認している場合があります。

硬度とは

硬度は、1L中に溶けているカルシウムとマグネシウムの質量(mg/L)を表わします。硬度が1~100mg/Lの水は軟水、100~300mg/Lの水を中硬水、300mg/L~の水が硬水と呼ばれています。飲みやすいとされているのが軟水で、健康に効果があるのが硬水とされています。日本のお水のほとんどは軟水です。

pHとは

pHは0~14までの数値で表され、pH値:7を中性として、これより値が低ければ酸性、高ければアルカリ性となります。健康な人のpH値が7.4の弱アルカリ性なので、アルカリ性の水は相性がよく、成分を吸収しやすいと言われています。