ナノバブル水素水とナノ水素水とは

近年、販売されているアルミパウチ入り水素水に「ナノバブル水素水」、「ナノ水素水」と呼ばれているものがあります。それらは水素ガスを充填する方法により水素水を生成していますが、似て非なるものです。ここではナノバブル水素水とナノ水素水についてご案内します。

  • ナノとは長さの単位の1つで、1メートルの10億分の1のことを言います。

ナノバブル水素水とナノ水素水の違い

ナノバブル水素水とナノ水素水は、水と水素のどちらをナノ化したかの違いです。

ナノバブル水素水

  • 【特長】
  • ・水素が抜けづらくなる。
  • ・多くの水素が溶ける。

ナノバブル水素水は、水素の気泡をナノ化し、水に溶け込ませた水素水です。気泡をナノ化することで、気泡内の圧力が上がり、通常の飽和濃度(1.6ppm)以上に充填することができます。また、ナノ化した気泡の回りには膜のようなものができ、気泡がくっつき大きくならないので浮力がつかず、水素の抜けを抑え、長時間保持することができます。

ナノバブル水素水一覧

商品 価格 水素濃度
(ppm)
詳細
浸みわたる水素水 1,980円
(500mℓ×12本)
2.6~1.2 詳細
結(ゆい) 4,260円
(350mℓ×15本)
3.5~1.1 詳細
縁(えにし) 5,427円
(500mℓ×15本)
3.5~1.1 詳細
250i 5,441円
(250mℓ×30本)
3.5~1.1 詳細

ナノ水素水

  • 【特長】
  • ・水素が抜けづらくなる。
  • ・水素の吸収がよくなる。
  • ・水を細かくするので口当たりがまろやかになる。

ナノ水素水は、使用する水の分子を特殊なフィルターを通すことによって細かくし、そこに水素を溶け込ませた水素水です。水をナノ化させることで、水素が溶け込みやすくなり水素濃度が高く体内への吸収も良くなるというものです。

  • 水は、水の分子の塊が集まってできています。その塊を小さく均一にすることで水素分子が逃げにくくなり、溶存時間も長くなると言われています。

アルミパウチ入りの水素水の製造工程でSPGフィルターというものが使用されています。これは、水の粒を細かくしナノ化するために使われています。

ナノ水素水一覧

商品 価格 水素濃度
(ppm)
詳細
スパシア 1,620円
(550mℓ×6本)
3.0~1.2 詳細
クリスタル水素水 9,980円
(500mℓ×30本)
2.2~0.8 詳細

おすすめしたいアルミパウチ入り水素水

  • お試し価格で1カ月おすすめアルミパウチ入り水素水セット
  • 美容効果に最適なシリカ含有水素水