水素水の保存容器について

水素水の健康や美容効果が知られるにつれ、水素水商品の形状もさまざまなものが出てきています。ここでは、水素水を保存する容器についてご案内します。

適している容器とは

水素水の保存容器には、大きく分けると、「アルミパウチ」、「アルミ缶」、「ペットボトル」の3つに分かれます。その中でも水素を容器内で長く保つものは多くのメーカーが採用している、「アルミパウチ」タイプです。

ペットボトルは、水素水を保存する容器としては不向きなものと言われています。それは、ペットボトルの原料であるポリエチレンテレフタラート分子の隙間が水素分子よりも大きく、水素水中の水素がペットボトルの外部に少しずつ抜けてしまうからです。そのため、多くの商品では水素を外部に逃さない、遮蔽性の高いアルミ素材を使用しています。同じアルミ素材でも「アルミ缶」の場合は、フタの開け閉めや持ち運びの際に揺れることで水素が分離しやすく、大きな飲み口であることで水素が抜けやすくなってしまいます。
水素濃度に保つために「アルミパウチタイプ」の容器を採用しているのには、飲み口が小さく、遮蔽性の高いといった理由があるのです。

水素水の容器

アルミパウチ容器が便利な多くの理由

水素水の保存や運搬、飲むときにも最適の形状であるアルミパウチタイプの多くは、遮蔽性の高いアルミ素材を水素が逃げを抑えるために4層構造にしています。また、アルミパウチの容器が便利な理由は他にもあります。

飲み残しの保存

アルミでありながら柔らかく柔軟に形を変えることができる薄さがあるアルミパウチは、飲み残した場合に内部の空気を押しだして、密閉状態に近づけることができるため、飲みきる時まで水素を抜けを抑える構造になっています。

温めや冷凍時

水素水を温めて飲みたいというときに適しているのはアルミパウチです。鍋ややかんなどに水素水を移し替えて沸騰させてしまうと、高温のために水の中に含まれる水素が一気に抜けてしまうため、密閉されたアルミパウチを湯せんで温めることが一番適しています。空気をできるだけ押し出せるというアルミパウチの形状は、ペットボトルやアルミ缶のように内部に空気が残らないので、湯せんで温めたとしても容器内の空気中に水素が逃げにくくなっています。夏場やお風呂上り、運動の後に冷たい水素水で水分補給をしたいときに凍らせて保存することができます。水素水を凍らせるで水素の放出が早まることはありません。ペットボトルやアルミ缶を自宅で凍らせた場合は、あふれてしまったり、破裂などの危険性があるので、冷凍するにも柔らかい素材である4層アルミパウチが適しているといえます。

ゴミが減らせる

飲み終わったアルミパウチ容器は、小さくたためます。自宅のゴミが少なくなるだけでなく、持ち歩いた際にもゴミを持ち帰りやすくなります。

アルミパウチ容器は水素が溶存されいる水素水を安心して飲むことができるだけでなく、非常に便利な形状になっているということです。


おすすめしたいアルミパウチ入り水素水

  • お試し価格で1カ月おすすめアルミパウチ入り水素水セット
  • 美容効果に最適なシリカ含有水素水