亜鉛の効果や効能、副作用、ミネラルウォーター(天然水)について

亜鉛とは

亜鉛は抗酸化作用やアルコール分解などを助ける働きがあり、細胞の形成(分裂)や骨の形成にも欠かせないミネラルの一つで、成長期の子供や男女問わずアンチエイジングのためにも必要なミネラルです。

人体は亜鉛を体内に貯めておくことができないので、日頃から亜鉛を摂取することが大切です。

亜鉛の効果効能

特に亜鉛の効果や効能で知られているのが新陳代謝・タンパク質の合成・抗酸化作用・免疫力を高める・アルコール分解などですがその他にもさまざまな効果や効能があります。

亜鉛はビタミンCと相性が良く、ビタミンCを摂取することにより亜鉛の吸収率が高まります。

亜鉛の効果 糖尿病の予防、体内のアルコール分解、免疫力を高める、男性ホルモンの合成、女性ホルモンの分泌、育毛、疲れ目、記憶力の維持、精神の安定、胎児や子供の成長、美肌効果。
亜鉛を多く含む食品 牡蠣(カキ)などの貝類、うなぎ、牛肉、チーズ、レバー、ナッツ類など。
亜鉛不足 味覚障害、血糖値の上昇、酒に弱くなる、免疫力が低下し風邪をひきやすくなる、精力が衰えが目立つ、不妊や生理不順、抜け毛、年齢のわりに物忘れが多くなる、疲れやすくなる、イライラする、肌あれ、爪の異常。
過剰摂取 1日100mg以上、経口で50mgの摂取を長期に渡り摂取し続けると嘔吐、吐き気、脱水症状、発熱、倦怠感、不安感などが副作用として症状が現れることがあります。
  • 効果、効能、また過剰摂取量や副作用については個人差や異なる見解もあります。

副作用の現れる100mgの亜鉛を摂取するには大きめの生牡蠣20g(亜鉛量2.64mg)を40個程食べなくては達しませんので、通常の摂取量では副作用の心配はさほどしなくても良いと思われます。

亜鉛を含むミネラルウォーター(天然水)をウォーターサーバーで

亜鉛の1日の摂取上限は30mgで、成人で必要な日常の摂取量は1日10mg程度、14歳未満で7mgと言われていますが厚生労働省の平成23年国民健康・栄養調査報告によると平均摂取量は7.8mgと必要摂取量を下回っています。あくまでも平均値ですが必要摂取量より約3mg程度足りていないことになります。日頃から体の不調を感じている方は亜鉛不足かもしれません。

亜鉛不足ならないために日頃から摂取するために亜鉛を含んでいるミネラルウォーター(天然水)をウォーターサーバーで利用するのが、その他のミネラルとのバランス、コストの面からもおすすめです。

ウォーターサーバー比較表

厳選したウォーターサーバーについて、水の種類や特長だけでなく、こだわり条件(女性にやさしい、赤ちゃんでも安全、放射能検査済みなど)から絞り込んで比較ができるウォーターサーバー比較表をご用意しています。利用環境やニーズに合ったウォーターサーバー選びにお役立てください。

ウォーターサーバー比較表