水やミネラルウォーター、天然水に含まれるシリカ

シリカとは

体を形成するうえで必要不可欠なシリカは、皮膚に多く含まれています。骨、毛髪、爪、歯、関節などさまざまな部位にも存在し、肌の保湿、骨や毛髪、爪、コラーゲンの再生などを手助けしています。
シリカには、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどを構成する物質の結合を丈夫にする働きがあり、不足すると組織の結合が弱くなってしまうため、肌のハリや弾力の低下からしわやたるみが生じたり、爪や骨がもろくなったり、髪の毛が抜けるという老化の症状が起きやすくなります。

残念ながらシリカは、加齢とともに減少するうえ、体内でシリカを生成することができません。また、人工的につくることができず、天然なものから摂取し補給する必要があります。

シリカ低下が引き起こす症状

シワやたるみの原因に

シリカは、コラーゲンの再生・構築・補強・維持を助けています。シリカが減少することによってコラーゲンとの結合が弱くなり、肌の弾力がなくなってシワやたるみが生じ、乾燥しやすくなってしまいます。

骨粗しょう症が進行

骨の形成を助けるシリカは、丈夫な骨を作る重要な役割を果たしています。骨組織中のシリカの減少は、骨粗しょう症に深く関わってきます。

関節が弱くなる

シリカは、コンドロイチンなどの関節をスムーズに動かすための組織との結びつきが強く、軟骨の生成や修復に関わっています。シリカの減少で関節が弱くなり、痛みや炎症につながります。

ミネラルウォーターや天然水に含まれているシリカの効果や効能

シリカは体を維持する上で大切なミネラルのひとつです。健康や美容に効果がありシリカが不足すると老化や健康被害を及ぼす可能性があります。

シリカの効果 結合組織を丈夫にし、成長促進や再生を助ける働きからコラーゲンを強化、血管を強くしダメージを修復、腸内環境を整える、強く密度の高い骨を形成、新陳代謝を活性化などの多くの効果を期待できる。
シリカを多く含む食品 キビ、小麦、ジャガイモ、あお海苔、あさり、わかめなど
シリカ不足 シミ、しわ、たるみ、髪のつや低下、抜け毛、骨粗しょう症、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞など
過剰摂取 デトックス効果があるのでお腹を下す可能性があります。
  • 効果、効能、また過剰摂取量や副作用については個人差や異なる見解もあります。

水からの摂取が効果的

年齢とともに減少し、体内で生成することのできないシリカは、成人で1日約10~40mg消耗されます。美容と健康を維持するためには、毎日10~20mgのシリカを補う必要があります。
シリカを多く含む食品には、キビ、小麦、ジャガイモ、あお海苔、あさり、わかめなどがあげられます。各食材に含まれるシリカの量はそれほど多くはないので、毎日の食事でシリカを補うのは難しく、十分な量を摂取するには飲料水が手軽で吸収もよいので、早めの効果が得られます。