SBエナジーと三井物産が静岡県浜松市で43.4MWのメガソーラーを開発

三井物産は、ソフトバンクグループのSBエナジーと協力して、『ソフトバンク浜松中開ソーラーパーク』を開発することを決定しました。出資額は折半だということ。同社を通じて発電事業を行っていきます。

三井物産とSBエナジーの共同事業は2012年の太陽光発電事業推進の覚書締結後からこれで6か所目。総出力は今回を含んで約26万kW(260MW)に及びます。

静岡県浜松市に建設する容量4万3400キロワット(43.4MW)のメガソーラーはソフトバンク鳥取米子ソーラーパークに次ぐ規模となり、年間の総発電量は約5392万4千キロワットに相当。これは、一般家庭の約1万4979世帯分の年間の電力消費量にあたります。

ソフトバンク浜松中開ソーラーパークは、浜松市や地権者から購入した湖を埋め立てて開発した、約53.1ヘクタールの広大な敷地面積に太陽光パネルを敷き詰めたものです。

参考

ソフトバンク鳥取米子ソーラーパーク完成!

ソフトバンクの発電事業会社SBエナジーと三井物産による特定目的会社(SPC)「鳥取米子ソーラーパーク株式会社」による鳥取県のメガソーラー「ソフトバンク鳥取米子ソーラーパーク」が完成しました。2月1日から稼働開始だそうです。

鳥取県住宅供給公社が所有する鳥取県米子市にある土地、約53.2ha(53万2,000㎡)を使って、42.9MW(1.24ha/MW)という大規模なメガソーラーは本州最大の太陽光発電所になるのだそう。(2月1日現在)

参考

沖縄県来間島、太陽光の電力でエネルギーを100%地産地消

来間島(くりまじま)は宮古島の南西に位置する
沖縄県および宮古島市による「来間島再生可能エネルギー100%自活実証事業」では、約100世帯が暮らすこの小さな島の電力を、すべて太陽光発電でまかなう実証実験を行います。

エネルギーを島内で地産地消するために、来間島には31カ所、合計380kWの太陽光発電と蓄電池を設置。
2011年度からシステム構築をはじめ、今月9日に運用を開始したそうです。
沖縄電力、三井物産、東芝などが参加しているこの事業。国内では、淡路島でも、島内でのエネルギーの地産地消に向けて取り組んでいますが、来間島での実証実験は、島独自のエネルギー問題を抱える地域の先駆けとなりそうです。

参考

SBエナジー×三井物産のメガソーラー、熊本と福岡に新たに

三井物産とSBエナジーが共同で新たにメガソーラーを建設すると発表しました。
日本コークス工業の所有する熊本県荒尾市と福岡県大牟田市にまたがる有明海沿岸に建設されるこのメガソーラー、2カ所の合計で42MWという大規模なものになります。

名称 面積 容量 1MWあたりの面積
ソフトバンク熊本荒尾ソーラーパーク 約27万8000m2(約27.8ha) 約22.4MW 1.24ha/MW
ソフトバンク大牟田三池港ソーラーパーク 約22万m2(約22ha) 約19.6MW 1.12ha/MW

どちらの事業も、それぞれ50%ずつ出資して共同の事業会社を設立して行われます。2014年末の稼働開始予定。
これまでにも三井物産とSBエナジーが共同で行うメガソーラー事業は、北海道安平町(111MW)や、京セラも参加している大阪府泉大津市(19.6MW)があります。

参考

三井物産・京セラなど、セブンイレブンでスマートグリッド実証実験

コンビニの環境対策について、過去にミニストップサークルK サンクスローソンの話題などをご紹介しました。

今度はセブンイレブンです!三井物産や京セラらと共同で、セブンイレブン店舗をはじめとする東京電力管轄内の小売店50店舗で、日本初の実証実験を開始すると発表しました。

この実証実験では、太陽光発電、蓄電池設備を店舗に設置し、最先端のエネルギー管理システムと情報通信技術システム(ICT/Information and Communication Technology)で店舗の消費電力のピークカット、さらに複数店舗の蓄電池を一斉に放電してピークシフトします。

三井物産プラントシステムによって提案され、環境省によって「平成25年度廃熱利用等によるグリーンコミュニティー推進実証事業」に採択されて実施されるこの実証実験。努力目標に、10%以上のピークカット、約10%強のピークシフトを掲げています。

電力を大量に消費するコンビ二店舗を利用した、スマートグリッド社会に近づくための実証実験。成果が楽しみですね!

京セラの太陽光発電について・価格相場など

参考

SBエナジー次のメガソーラーは京セラ、三井物産と

ソフトバンクSBエナジーが次に計画しているメガソーラーは、大阪府大津市の約19.6MWのプロジェクト。
そして、北海道の111MWのプロジェクト同様、今回も三井物産との共同で行い、そこに京セラも参画すると発表されました。

府の所有地である大阪府泉大津市夕凪町の約25万㎡(約25ha)の土地に、京セラ製のソーラーパネルを約8万枚設置。
2014年7月の運転開始を予定しています。

SBエナジー(49%)、三井物産(49%)、京セラ(2%)で8月31日に設立された「泉大津ソーラーパーク株式会社」によって運営されることになります。

参考
京セラの太陽光発電について・価格相場など

三井物産「絆」ソーラーパークは京セラ製パネル

三井物産の「絆」ソーラーパーク。
規模は3.6MWで、京セラ製の多結晶パネルを使用しているそうです。

三井物産は全国で太陽光発電事業を進めていますが、この「絆ソーラーパーク」は復興支援として大きな意味を持ちます。このメガソーラーが建設された東松島市は、地域の63%が津波によって破壊されたそうです。
8月23日の完成記念式典には東松島市長を始め約100名が参加しました。

三井物産は今後も、メガソーラーを含む再生可能エネルギーの建設や、農水産業の再生、仙台に水族館建設など、被災地の復興支援を多面的に行っていくそうです。

京セラの太陽光発電について・価格相場など

参考

SBエナジーと三井物産が北海道に111MWのメガソーラー

系統許容量の問題がありながらも、北海道で100MW超もの大規模事業を推し進められるのは、孫社長率いるSBエナジーソフトバンク)の底力と言うべきでしょうか。

SBエナジーと三井物産がそれぞれ50%ずつ出資し、場所は北海道の勇払郡安平町の166万㎡(約166ha)、株式会社苫東の所有する土地に、出力111MWのメガソーラー苫東安平ソーラーパーク」を建設する事業。

2013年10月中の着工、2015年度冬に稼働開始予定。

ソフトバンクは北海道で実証実験を行っていましたが、メガソーラーの建設は初めてです。
全国に合計20万キロワット(200MW)の大規模太陽光発電施設を建設するという計画、この北海道のメガソーラーでぐんと目標に近づきますね。

参考

三井物産太陽光発電事業の全貌・パネルは京セラ、ソーラーフロンティア、パナソニック・被災地復興支援のための太陽光事業など

三井物産は全国で発電事業に関わっていますが、今日発表された「宮城県東松島市で復興支援の太陽光発電事業」のニュースとともに、自社事業・共同事業すべてにおける、発電事業の内容をまとめた資料を発表しているので、ご紹介します。

まず今回発表された「宮城県東松島市で復興支援の太陽光発電事業」
メガソーラーと「カーポート型」の2種類の施設を手掛けます。
メガソーラー内容

  • 東松島市野蒜地区の奥松島公園跡地
    浸水により居住が困難となった野蒜地区沿岸部をメガソーラーに活用
  • 規模:3,581kW(3.581MW)
  • パネル:京セラ
  • 建設開始:2013年1月
  • 運転開始予定 2013年10月

カーポート型内容

  • 東松島市中心部の公共施設3箇所の駐車場スペース
    災害時の非常用電源確保のための施設
  • 規模:270kW(合計)
  • パネル:パナソニック
  • 建設開始:2013年1月
  • 運転開始予定 2013年3月

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

企業年金モデル
東京海上アセットマネジメント投信との共同事業。JFEスチールグループが施工に関わるという事で、ニュースでも一度ご紹介しましたが、これらは企業年金等の投資先として開発されるということです。
全国に計10か所、約28MWの出力になる予定です。
パネルについてはソーラーフロンティアが山梨県の2つのメガソーラーへの自社製CISパネルの供給を発表しており、さらに他のメガソーラーに関してもパネル供給の交渉が進んでいるそうです。
ソーラーフロンティアは国内外でメガソーラーへのパネル供給の伸び率が高いと感じます。

  • 北海道網走市(市有地)・1.5MW
  • 北海道厚真町(町有地)・1.5MW
  • 山梨県韮崎市(県有地)・5.3MW(ソーラーフロンティア製パネル)
  • 山梨県甲斐市(県有地)・5.1MW(ソーラーフロンティア製パネル)
  • 三重県四日市市(民有地)・1.8MW
  • 和歌山県(南海電鉄保有)・1.8MW
  • 徳島県徳島市(民有地)・2MW
  • 山口県田布施町(民有地)・3.0MW
  • 山口県山口市(市有地)・3.5MW
  • 熊本県球磨郡錦町(町有地)・2.2MW

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
大規模メガソーラー発電事業
大規模メガソーラー事業を他企業と合同で行っています。

  • 鳥取米子メガソーラー」
    SBエナジーと共同
    鳥取県米子市などに合計42.9MW
  • 田原メガソーラー」
    東芝など7社での合同事業。技術開発やコスト引下げなどのノウハウや課題を共有する目的
    愛知県田原市に50MW(他に風力発電6MW)
    過去の紹介記事

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
三井物産は他にも過去に、JFEエンジニアリングとの共同出資で羽田空港のターミナルに2MWの施設建設や、スペインのカタルーニャ地方の1.5MWのプロジェクトへの出資も行っていいます。

三井物産の事業にも採用された京セラパナソニック、ソーラーフロンティアなど、メーカー別パネルの最安値・相場確認はこちらから!

三井物産・東芝など7社で愛知県に”たはらソーラー・ウインド共同事業”太陽光50MW/風力6MW

三井化学の所有地の愛知県田原市緑が浜にある東京ドーム約17個分の土地に、太陽光モジュール50MWと風力発電6MWが建設されます。

この施設の建設のために愛知県からの「新あいち創造研究開発補助金」・田原市からの「企業立地奨励金」も利用され、中部電力との技術的な協力も加わるとのことです。

この大規模な事業運営の過程で、今後のメガソーラー事業展開に際した技術開発やコスト引下げなどのノウハウや課題を共有されるそうです。

事業への参加企業一覧

  • 三井化学株式会社(35%)
  • 三井物産株式会社(15%)
  • 株式会社シーテック(10%)
  • 東亞合成株式会社(10%)
  • 株式会社東芝(10%)
  • 東レ株式会社(10%)
  • 三井造船株式会社(10%)

参照元