日本政策投資銀行とソーラーフロンティアによる「KIXメガソーラー」がリファイナンスを実施

2015年3月16日、SFソーラーパワー株式会社(ソーラーフロンティア株式会社、株式会社日本政策投資銀行からなる共同投資会社)が関西国際空港内で所有及び運営を行っている「SF関西メガソーラー 関西国際空港発電所」、通称「KIXメガソーラー」プロジェクトに関して、地域金融機関によるリファイナンスが実施されたことがわかりました。

KIXメガソーラーへのリファイナンスに名を連ねるのは株式会社池田泉州銀行(貸付人及びアレンジャー)、株式会社京都銀行(同)、株式会社滋賀銀行(貸付人)、株式会社南都銀行(貸付人)の4社で、金額は27億円になります。
SFソーラーパワー社の投資会社の1つであるソーラーフロンティア社は今回のリファイナンス実現について「KIXプロジェクトの信頼性と運転実績が示すパフォーマンスに対して、各金融機関が高く評価して下さった結果」とした上で、「複数の地域金融機関から協調融資を頂いたことは、地域経済への貢献の点からしても意義のあるもの」と喜びを語っています。
KIXメガソーラーは関西国際空港が推進する環境先進空港の取り組みの一環として2013年5月に着工され、2014年2月より発電を開始している大規模太陽光発電所。およそ11,600kWの発電容量を誇るこのメガソーラーは、SFソーラーパワー社初の大規模太陽光発電事業プロジェクトであると同時に、アジア各国の空港においては最大級の大規模太陽光発電事業となっています。

参考

コーナン商事のソーラーフロンティアパネル屋根上メガソーラーを”ちょっと深読み”

ソーラーフロンティアと日本政策投資銀行の共同投資会社設立についてのニュースを以前おとどけしましたが、その共同投資会社「SFソーラーパワー株式会社」がコーナン商事株式会社の物流倉庫の屋根上を借り受け、メガソーラーを設置するというニュースが発表されました。

コーナン商事が所有する「貝塚流通センター(第1倉庫)」と「貝塚流通センター(第2倉庫)」の屋根にそれぞれ1.9MWと0.9MWのソーラーパネルを設置し、来年8月の稼働を目指しています。

このニュースで注目すべきところは、「倉庫の」「屋根に」「メガワット級の」「CIS太陽電池」を載せるというところ。

ソーラーフロンティアは、自社の生産拠点の工場屋根にもメガワット級の太陽光パネルを載せていますが、今回載せるのは倉庫屋根で、生産工場と比べても強度に劣ると予想できる設置環境。

倉庫の屋根などは十分な強度が無く、フジプレアムなどではそうした環境にも適応するよう軽量モジュールも開発しています。
ソーラーフロンティアも軽量パネルSolacis Neoを発表していますが、容量とソーラーパネルの枚数から計算すると、コーナン商事のメガソーラーでは通常モデルのCIS太陽電池160〜170W程度のものを使用すると予想されます。

CIS太陽電池は一般的なシリコン系太陽電池と比べても重量があるパネルですが、キロワット単価も低く、実発電量が多いため、売電収入で利益を上げやすい選択肢と言えます。しかもコーナン商事では屋根上に設置するということで、地上設置に比べても建設費が低く抑えられる可能性が高いです。
屋根に与える負担についての問題さえクリアできれば、かなり採算性が高いと考えられます。

ソーラーフロンティアはこのプロジェクトを期に、屋根上での大型プロジェクト受注の可能性を広げる事が予想されます。

参考

【関連ページ】
10kW以上、産業用太陽光発電の価格について
ソーラーフロンティアのメーカー詳細と今月の価格相場

昭和シェル・コスモ石油など、26MWメガソーラー建設


コスモ石油、昭和シェル石油、日本政策投資銀行の3社は、共同でメガソーラー事業に取り組む事を決定し、合弁会社設立を発表しました。会社名はCSDソーラー(仮称)。1月末に設立予定で、建設される発電施設の運営事業が中心になります。

パネルはもちろん、シェルの子会社ソーラーフロンティア製で、グループの所有地である扇島石油基地跡地(神奈川県横浜市)など8カ所に合計26MWの発電容量を持つ施設を建設する予定です。

発電された電気は、建設地各所の電力会社に売電されます。

ソーラーフロンティアの詳細・パネル最安値情報など
参考

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます

ソーラーフロンティアと政投銀、メガソーラーのプロジェクト事業のための共同投資会社設立

自身の工場の屋根などにもメガ級の施設を建設したソーラーフロンティア。メガソーラー建設ラッシュに伴い、大規模な太陽光発電事業への投資事業をメインにした会社を株式会社日本政策投資銀行と共同で設立すると発表しました。

発電事業だけにとどまらず、建設からIPP事業(独立系発電事業)に至るプロセスを一貫して手掛けるという事で、スピーディなメガソーラ―需要への対応が可能だそう。

ソーラーフロンティアの詳細・パネル最安値情報など

参考