ヨーロッパではソーラーパワーでのエネルギー供給量は全体の1.3%に



ヨーロッパの34か国の41の送電系統運用者によって構成される、「欧州送電系統運用者ネットワーク(ENTSO-E:European Network of. Transmission System Operators for Electricity)」によると、2011年のネットワーク圏内における太陽光および太陽熱によるエネルギーの供給量は全体の1.3%になったという。

現在ネットワーク圏内に47.6GWの太陽光・太陽熱発電容量があり、2011年には45,649GWhの発電量が得られたという事です。
2010年時点では圏内には28.2GWの導入量で、21,539GWhの発電量しか得られていなかったことを考えると、1年間で倍以上の容量になったという事ですね!

参照

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です