茨城県潮来市、3企業と合同で14MWのメガソーラー事業

潮来市は、「道の駅いたこ」の隣接地に、もともと企業誘致用地として確保していた土地に14MWのメガソーラーを建設することを発表しました。

今回、民間の3企業「株式会社リサイクルワン」・「ミツウロコグリーンエネルギー株式会社」・「リアルコム株式会社」がこの計画のためにSPC(特定目的会社)として株式会社水郷潮来ソーラーを設立し、2013年12月の稼働開始に向けて計画を進めます。
発電した電力はすべて東京電力に売電される予定。
この他に、隣接の「道の駅いたこ」の屋根にもパネルを設置し、ここから7.2kWhの容量を持つ蓄電池に蓄電することで、この施設を災害時の拠点にする取組も合わせて実施されるようです。

地図で場所を確認する

参照元

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます
 
 

1 Response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です