丸紅メガソーラー三重県/愛知県の木曽岬干拓地に48.7MW

丸紅は比較的大きい規模のメガソーラー事業に強いのでしょうか。
前回の81.5MWの次に決まったのは木曽岬干拓地。三重県と愛知県の共有地となっているこの干拓地に48.7MWのメガソーラーを約160億円で建設します。
2014年10月からの稼働開始が予定されています。

規格提案コンペティションを実施して、6社の中から丸紅が抜擢された理由には「現地事業者の活用やや雇用の創出」「県内生産の部材や国内メーカーパネルをできるだけ多く採用」などがあったようです。

参照元

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です