速報!「EUvs中国」アンチダンピング抗争

中国の安価な製品がEU内の太陽光発電業界を圧迫しているとし、9月にアンチダンピング調査を開始したEUですが、13カ月程度かかるとされる調査の進行状況です。
調査の一環として、EU委員会は関係者(中国政府、輸出関係者、輸入業者や協会など)へのアンケート調査を送付しています。

これらの調査から中国政府から輸出関係企業への補助金の給付などが証明できれば、9か月のうちに補助金を規制する義務を課すことができます。

EUはこれまでに、4種類の製品に対してアンチダンピング申請を出し、うち”上質コート紙”の取引には法規制が実効中です。
EUに増してアンチダンピング調査の行使が多いアメリカは今までに24製品に対して法規制を実施してきています。
(太陽光モジュールに対しても10月に規制を決めています。)

参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です