ISOFOTON(イソフォトン)変換効率19.5%のセル開発!

結晶型の太陽光モジュールやセルの製造を行うISOFOTONは、従来の自社製品の最高変換効率19%を0.5ポイント上回る19.5%の変換効率を持つセルを開発したと伝えました。

レーザーを使った選択エミッタの製造方式で可能になったということです。
このセルを使ったパネルは業務用で、来年中盤から自社のMálaga(スペイン)工場にて製造を開始するということです。
この製造開始は、今年初めにSamsungとの契約により実現可能となったもので、この韓国企業が5千万ユーロを投じてMálagaに新しい生産ラインを導入する予定です。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です