オーストリアのACTIV SOLAR累計300MW・ウクライナ黒海周辺の電力不足に貢献

ウクライナのクリミア半島およびオデッサ地域に合計6カ所のメガソーラープロジェクトを展開するオーストリアのアクティブソーラー。
オデッサ地域の”DUNAYSKAYAソーラーパワーステーション”の第2段階の建設を終え、累計のシステム量が313.35MWになりました。

ウクライナのこの地域は日射量に恵まれ、また地域内での電力供給がいまだ不安定な状態であることから、太陽光発電設置でのソリューション提供を今後も続けていく傍ら、他地域での事業拡大も考えているということです。

電力供給の不安定な地域は東南アジアやアフリカに限らないのですね。

参照元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です