イタリア太陽光発電累計16GW達成・補助金はあとわずか

イタリアのエネルギー機関Gestore dei Servizi Energetici SpA (GSE)によると、イタリア国内の系統連系がされている太陽光発電の累積量が16GWを超えたという事です。

さらに665MWが奨励金申請をしていますが、まだ系統連系はされていないという事です。
申請中ものもを含めて64億7300万ユーロの奨励金がすでに使われており、残りは2億2700万ユーロ(約230億円)。67億ユーロ(約6870億円)に達したところで打ち切られるため、イタリアの太陽光発電市場も今後縮小がみられると考えられます。

ちなみに日本では1年ごとに太陽光発電を含む再生可能エネルギーへの補助金に充てる予算が決定します。
2010年度には太陽光発電には463億円(うち住宅用に401億円)の予算が充てられ、2011年度には511億円(同429億円)が充てられていましたが、2011年は東北地方太平洋沖地震をきっかけに太陽光発電の導入が急増。11月で予算が底をつき、第3次補正予算で869.9億円が上乗せされたという経緯があります。
2012年度には349億円の予算が太陽光発電の補助金に充てられています。

つまりイタリアの230億円は、震災前の2010年度予算の半分程度という事です。
すぐにでも終わってしまいそうな金額ですね。

参照元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です