Looop社が20〜30年の10年間、太陽光発電の電力を7円で買取り

ユニークなサービス展開が特徴的な太陽光関連業社のLooop(ループ)社が、太陽光発電事業者向けに20年目以降の太陽光発電設備から、電気を買い取る契約を提供すると発表。

10kW以上の主に産業用太陽光発電は、固定価格買取制度(通称FIT)により20年間の売電保証されていますが、太陽光発電の寿命は30年ともそれ以上とも言われていますが、制度で保証されない21年目以降の売電額は読めないため事業者は20年間で採算の取れるよう取り組むのが通常でした。

一方で、21年目以降まだまだ使える太陽光発電が一気に廃棄される可能性も少なくなく、今後の課題とされてきました。

今回のループ社のサービスは、こうした事業者が21年目〜30年目の売電価格も加味しながらより長期目線でメンテナンスなどの計画を立てることを可能にします。
抑えどころをしっかりわかっていますね、ループさん、さすがです。

さて、7円という価格設定ですが、高くて42円という価格で売電している事業者にとっては大きな値下げに感じるかもしれませんね。実際20年が満了する頃になると、制度から外れたエコな電力をいかに高く買い取るかという競争も起こる可能性もあるかもしれません。そうなると7円に縛られて他の電気事業社に販売先を変えられない、というのは少しリスクにもなるかもしれません。
一方で、太陽光発電の価格がかなり下がって、OB太陽光発電の電力買取価格が7円に満たない可能性もあるかもしれず、20年先の事を正確に予想できる方が相当限られている中で、ループの7円の契約を今のうちにキープしておく、というのも一案なのかもしれません。

複数の発電所をお持ちの方などがいらっしゃれば、ループさんと契約する分と、20年目までとりあえず待ってみる分を分けてみるのもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です