太陽電池セル発電効率、結晶型の世界最高達成は「カネカ」

太陽電池メーカーのカネカは、結晶シリコン型の発電効率において世界最高記録を達成したと発表。

記録はヘテロ接合のバックコンタクト方式太陽電池によるもので26.33%という記録は前回のパナソニックの記録を0.7ポイントも上回るものです。

太陽電池の変換効率・記録の推移グラフ

ヘテロ接合といえばパナソニックのHITが有名ですが、カネカも独自にヘテロ接合のパネルを販売しています。ただ、効率がパナソニックのものと比べて低く、市場におけるシェアも高くないことから、あまり目立ちませんでした。

世界記録についてもパナソニックやシャープによる記録更新のニュースは頻繁に見かけますが、ここでカネカが入場ということで、面白くなりそうですね。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です