東芝が太陽光パネルの効率的なリサイクル技術を開発

固定価格買取制度を利用した太陽光発電設備の開発が増える中、環境省は2030年度に廃棄物として排出される太陽光パネルの量は10倍の年間3万トンになると試算しています。

現在、リサイクルをするにもコストが高く埋め立て処理処理をされている太陽電池の効率的なリサイクル技術を東芝の子会社東芝環境ソリューションが開発したと発表。

パネルの中でも最も貴重な銀などの金属部分を剥離して再販できるのが特徴だということ。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です