三菱電機がマルチルーフシリーズをモデルチェンジ

三菱電機が住宅用太陽光発電の「マルチルーフ」シリーズの効率を高め、モデンチェンジを行うことを発表しました。

「マルチルーフ」全7種類のモジュールラインナップは、配線の発電ロス低減などにより効率が向上、標準サイズの長方形モジュール(PV-MA2300L)においては発電量230W、効率16.2%を達成しました。

8月25日から発売を始めるということ。


参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です