パナソニックがHITシリーズをモデルチェンジ、無償の保証期間は25年に延長

パナソニックは同社の太陽電池モジュールHITのラインをモデルチェンジ、
「P250αPlus(受注生産)」「P120αPlus(受注生産)」「245αPlus」「120αPlus」の4製品を9月24日から受注開始すると発表しました。

毎年モデルチェンジを重ねていく中でどんどん製品の効率を上げていったパナソニックですが、今年のモデルチェンジはスペック自体はほぼ変わらず、その代わり従来の保証期間をさらに5年伸ばした25年保証、また受注生産の2製品に限って新工法の紹介というソフト面でインパクトを与える内容となっています。

現行の主力製品であるHIT244αに変わって販売されるのは出力245W、効率19.1%の
「245αPlus(VBHN245SJ33)」になると予想されますが、希望小売価格が145,000円(592円/W)と、前モデルの135,000円(553円/W)から7%程度上がっており、施工店にとっては現在以上の値下げは難しくなるかもしれません。

しかし先にご案内した25年保証は、国内メーカーとしては海外メーカーの基準に追いつく最長レベルであり、引き続き太陽光発電を検討している方にとってパナソニックは魅力の高いメーカーであることに変わりはなさそうです。


参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です