パナソニック、太陽電池国内工場の設備強化、需要拡大に対応

現在日本は太陽光発電の市場が拡大を続けており、今後も国が重要な政策としているため引き続き需要が拡大していくことが予想されています。

そこでパナソニック株式会社エコソリューションズ社では太陽電池モジュールを生産するの国内外の工場の設備を強化して生産量を増やすことに決定しました。これにより世界規模での需要に応えることができるようになりました。また国内においては環境に配慮したエネルギー利用の推進を目指します。

ちなみに現在パナソニックでは日本国内の工場に加え、セルからの一貫生産が可能なマレーシア工場などでもソーラーパネルを製造していますが、設備拡大後は国内需要に対しては主に国内の工場で対応できるよう調整が行われる予定だそうです。(ソーラーパネル(太陽電池モジュール)の生産国について)

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です