静岡県の屋上型メガソーラーにQセルズパネル

カナダのソーラーパワーネットワーク社は、3月27日に屋上型メガソーラー(静岡県富士市西部浄化センター太陽光発電所)を竣工します。この発電所は、静岡県における最大級の屋上型発電所になり、同社における日本での竣工第1号になります。

同施設は、富士市が公募した「週末処理場屋根貸し太陽光発電事業」に採択されたもので、同社の日本法人が設計・開発し、国際ランド&ディベロップメント(東京都千代田区)が建設しました。発電事業者は、この2社の共同事業体になります。

パネルはドイツのハンファQセルズ製、パワーコンディショナーは同じくドイツのSMAソーラーテクノロジー製が採用されたということ。

年間発電量は、一般家庭約310世帯分の消費電力に相当する約1176MWhを見込み、発電した電力は、全量を東京電力に売電されます。さらに、同2社は、富士市東武浄化センターでも屋上型メガソーラー建設プロジェクトの進行中で、この2か所で一般家庭約600世帯分の消費電力に相当する合計約2.3MWを見込んでいます。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です