ソーラーフロンティア、国内4つめの東北工場完成

昭和シェル石油株式会社の100%出資小会社であるソーラーフロンティア社が、世界トップレベルの生産コスト実現とモジュール性能の向上を目的とした同社4番目のCIS薄膜太陽電池工場となる東北工場(年間生産能力:150MW)の稼働開始し、商業生産開始に向けた立ち上げを進めると発表しました。
ソーラーフロンティア社のCIS薄膜太陽電池モジュールは、結晶シリコン型モジュールに比べて発電量が多いという優位性を持ちます。

東北工場で生産される新製品は、その優位性に加え、(1)15%以上の変換効率、(2)電圧と電流の仕様見直しによるシステム設計の自由度アップ、(3)ケーブル配線部材配置の工夫、などにより、CIS技術及び薄膜太陽電池技術分野においてのソーラーフロンティア社のリーダーシップを高めることも目的とされています。
東北工場が、今後の海外展開に向けた技術的な礎として、海外生産体制の構築に向けたモデル工場としての役割を担うことをソーラーフロンティア社は期待しています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です