LIXIL、新製品のソーラーパネル「セテラ」と出力制御対応のパワコン発売

株式会社LIXILは2015年の5月より、高出力ソーラーパネル「セテラ」を発売します。
「セテラ」は2種類のサイズを展開し、限られた屋根面積に効率よくパネルを組み合わせ搭載することで同じ設置面積でも発電量をアップすることが可能になり、さらにLIXILのソーラー発電システム「ソーラールーフ」「ソーラーラック」「ソーラーベース」に対応しているため、戸建住宅やオフィス、店舗、工場や休耕地などさまざまな場所に設置できます。また、新しいパワーコンディショナRLEタイプも同時発売し、太陽光からの安定した電力供給をサポートします。

また、セル構造から見直しを行いパネル1枚あたり270Wと、従来品より発電効率・発電能力、ソーラーパネルの変換効率、ともに大幅に向上しました。このように、LIXILは今後も太陽光発電の技術を追求し、発電効率が高く、年間を通じて安定した太陽光での電力供給を行うシステムの開発を通じてソーラー界のニーズに応え続けます。

同時に出力制御にも対応したパワーコンディショナの販売も開始することを発表しています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です