ハンファQセルズのパネル、福岡県の11.72MWメガソーラーに採用

オリックス九電工は、日本コークス工業が所有する福岡県大牟田市新開町にある土地を借りて、最大出力11.72MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設し運転を開始します。

初年度の年間発電量は、一般家庭約3620世帯分の消費電力に相当する1304.2万kWhを見込んでいます。

出費比率はオリックスが70%と九電工が30%で、両社の合弁によるSPC(特定目的会社)のKクリーンエナジー(鹿児島県枕崎市)が事業主体となります。

合計出力約7MWを枕崎空港跡地に、出力7.786MWのメガソーラーを鹿児島県鹿屋市にすでに稼動させています。

発電所のEPC(設計・調達・施工)のサービスは九電工が担当し、太陽光パネルはハンファQセルズ製で、4万7838枚を設置します。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です