鳥取空港に2MWメガソーラー

2015年3月2日、新たな県営の太陽光発電所が稼動しました。

鳥取市にある鳥取空港の滑走路南側の立ち入り制限区域にある太陽光発電所です。法律の制限が多い空港内の土地の活用法は以前より課題となっており、全国で2例目の同区域を活用した太陽光発電所となります。

2014年2月から着工して太陽光パネルは9888枚を使用しています。最大出力は県営で最も大きい約2000kWで、年間約7800万円の中国電力への売電による収入が見込まれています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です