京セラ、太陽光パワコン併用の蓄電池システム発売

京セラ株式会社は国内住宅用リチウムイオン蓄電システムにおいて新しい2機種を製品化しました。
「マルチDCリンクタイプ」は充電効率の向上、設置スペースのコスト削減を実現しています。もう1つは「大容量タイプ」です。特徴として国内最大クラスの蓄電容量12kWhを備えています。2機種は2015年の6月以降に順次、販売をスタートする予定である事をお知らせします。受注と販売を行うのは京セラの太陽光発電システムの国内販売会社、株式会社京セラソーラーコーポ-レーションです。

近年では再生可能エネルギーの固定価格買取制度について、買取価格の引き下げが行われました。同時に電気料金の値上げをした事により各家庭で節電意識が高まっています。そのために太陽光発電システムによる発電をした時に出てくる余力電力を充電し、自らの家で消費できるようなシステムが求められるようになりました。そのため蓄電システムの需要が増えて行く事を見据えて、大容量の蓄電池開発が望まれています。京セラはそのニーズに応える形で2つのリチウムイオン蓄電システムの提案を行いました。

マルチDCリンクタイプの特長は、太陽光発電システムと重電システムのパワーコンディショナーを一体化させています。そのため太陽光電池で発電出来た直流電力をそのまま充電する事を可能にしています。従来の蓄電池では、パワーコンディショナによって家庭で使う直流電力に変換した電力を蓄電システムへ充電したいならば、交流から直流による変換がおこなわれていました。変化する時に電力の損失が行われで効率的ではありませんでした。同時に太陽電池で発電した電力をまとめるための機能も蓄電システムに内蔵されていますので、スペースコストを大幅に減らす事が出来ています。大容量タイプは従来品と比較して1.7倍もの蓄電容量を実現しています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です