オムロン、蓄電池付き太陽光パワコン発売

オムロン株式会社は、2015年の春に太陽光発電用ハイブリッド蓄電システムKP48S-PKG64の発売を開始します。近年、国内のエネルギー関連市場は多様に変化しており、社会のニーズに応えるためにもこれまで様々な技術、製品を提案してきました。今回発売するこのKP48S-PKG64は国内の戸建住宅に合わせたタイプであり、エネルギーの新しい時代の需要に応えたものです。

主な特長としては、世界でも最小で最軽量クラスでありながら、6.4kWhの大容量を実現しました。また充電や放電の寿命は約8,000サイクルと10年以上活用が見込まれます。そして利用のシーンに合わせて運転モードが選択でき、夜間に電力をためて朝夕に使ったり、昼間は太陽光で使わない電力を充電したりするなど、ユーザーに合わせた利用が可能です。また、1台で太陽光発電と蓄電池の両方に対応できるので、今までそれぞれのパワコンを設置しなければならなかったことと比べるとロスが少ないです。そして本体は約25kg、蓄電池接続用DC/DCコンバータは約13.5kgで最軽量化を実現し、搬入も楽で、壁掛けの設置なので基礎工事がいらず費用も抑えられます。そして、発電の際、電力系統の電圧が上がると売電の量を抑制しなければならないが、これを無駄にすることなく充電ができ、太陽光の発電容量がパワコンの出力容量を越えた場合も、余った電力を充電することができ、効率的に活用することができます。その他の特徴としては、補助金に対応できることや、出力の制御に対応を予定していること、屋外のファンがなく静音であるなど、オムロンのパワコンは独自技術を搭載し大きく貢献しています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です