パナソニック、住宅用創蓄連携システム販売

パナソニックは2015年3月25日から「住宅用創蓄連携システム」を販売すると発表しました。このシステムは、太陽光発電とリチウムイオン蓄電の連携により、日常時はもちろん停電時も安定した電力供給を行います。

蓄電池ユニットは、蓄電容量が5.6kWhとなり従来製品から20%も増加しました。さらに、充放電容量の放電下限を拡大することで、約2倍の電力量を使用可能となりました。また、「経済優先モード」や「環境優先モード」など電気利用をライフスタイルに合わせて変更できます。

蓄電池が満充電ならば、265W(冷蔵庫・LED照明・テレビ・携帯電話の充電器を同時に使用時に相当)を太陽光発電なしで16時間、曇天下での太陽光発電時(8kWh/日)で72時間使用可能です。

価格は、蓄電池1個の蓄電システムユニットがパワーステーションの異なる2種類があり、それぞれ167万円の179万円、蓄電池2個搭載のシステムユニットが298万円です(価格はすべて税別で、パワーステーションと蓄電ユニットの合計)。蓄電池は10年保証で、同社は2015年の販売目標を年間3000システムとしています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です